セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

日本の中のペルー

日本の中のペルーセルバンテス文化センター東京では11月の期間中、アンデスの国のペルーの映画を特集しています。また、図書館の特別コーナーでは、ペルーの歴史、文学、文化を紹介しています。

日本とペルーの関係は、初めて日本人がアメリカ大陸の国々に移住した19世紀後半にさかのぼります。日本とペルーは1873年に外交関係を結びましたが、実際の関わりは1899年に大勢の日本人移民がリマに到着したのが始まりでした。ペルーは、ラテンアメリカで初めて日本との外交を確立した国で、ほとんどが若い男性労働者だった日本からの移民を認めた、中南米最初の国でもあります。

この移民は経済的な理由が中心だったといわれています。その頃の日本は、人口過剰による民主主義の危機と雇用不足で苦しんでいました。一方で、当時のペルーは地方の労働者を必要としていました。

そのほぼ100年後の1980年代から90年代にかけて、ペルーからたくさんの日本人移民の子孫達が戻ってきました。彼らは”日系”ペルー人と呼ばれました。彼らはこの時代のペルーの社会と経済の危機によって、先祖がしたのと全く同じことをしたのです。

日本政府はこの日系人の回帰を受け、日本の産業における労働力の必要性から、当時の移民法を見直すことによって彼らを受け入れたのです。

このペルー映画特集は11月9日(水)から始まり、2007年のアウグスト・タマヨ監督の作品『ウナ ソンブラ フレンテ』と、2008年にホセ・メンデス製作された『ディオセス』の2つの作品を上映します。どちらもペルー国内外で高い評価を受けた珠玉の作品です。

アウグスト・タマヨ監督は1972年に彼の父親によって書かれた小説からインスピレーションを受け、同じタイトルでこの作品を製作しました。主人公はペルー人の若いエンジニアで、アマゾンの森と国々を繋ぐ使命を受けます。この作品は2008年アカデミー賞非英語映画部門にノミネートされました。

ホセ・メンデスの『ディオセス』は、リマ南部の美しい海岸に住む家族の複雑な関係を描いた作品です。この作品はペルー、アルゼンチン、フランス、ドイツによる共同制作で、20世紀の終わりから21世紀始めのペルーの社会的地位の高い人々の生活を描いています。この映画は35以上の国際的な賞を受賞し、ペルー映画史上、最も多くの賞を獲得した作品となりました。

セルバンテスの図書館では、ペルーに関する本や映画のDVDを取り揃えていますので、ぜひお越しください。また、11月29日からは、ペルーの伝統織物の展覧会を行います。ミチェル&シアの国際コンクールの受賞作品の中から、手の込んだ繊細な手法の染色織物を展示します。

入場料は無料ですが、事前のご予約をお願いします。

文:シルビア・アゲッリ
翻訳 : 鶴羽 正高、高島 笑里

ヒスパニックの遺産の月

National Hispanic Heritage9月15日から10月15日までの間、アメリカ合衆国では、ヒスパニックの遺産の月をお祝いします。
アメリカでは9月15日から10月15日までの1ヵ月間をナショナル・ヒスパニック・ヘリテージ・マンスとしてお祝いします。

この伝統は1968年にリンドン・B・ジョンソンによって開始されました。当初はヒスパニック文化遺産を尊重、継承するためのナショナル・ヒスパニック・ヘリテージ・ウィークとして始められ、1988年にはロナルド・レアゴンが特例によって開催期間をひと月に延ばしました。

もともと9月15日はコスタリカ、エルサルバドル、グアテマラの独立記念日でしたが、アメリカに暮らすヒスパニック系の人々にとっての主な目的は、ヒスパニックの文化遺産を記念しお祝いすることです。彼らの文化はアメリカ合衆国内ではなお生き続けており、まだまだ増え続けている5億人のヒスパニック系の人々のアイデンティティの基本となっているのです。

つまり、アメリカ合衆国の歴史や文化はヒスパニック系の人々によって作られ続けているということを広く認識するための1ヵ月なのです。
また10月12日はイスパニアデーだということも忘れてはいけません。伝統的にはヒスパニックデーあるいはピラールの日として知られていましたが1987年から公式にこのように呼ばれるようになりました。

アメリカ合衆国内ではヒスパニック系の人口は5000万人を超えており、この数字は人口1億2200万のメキシコに次いで、スペイン語話者数としては世界第2位です。ちなみにスペインの人口はコロンビアに続いて第4位であり、その数はアメリカ合衆国内のスペイン語話者数と同じくらいで4800万人です。

アメリカ合衆国内で増加しているヒスパニック系移民の出身地は、主にメキシコと中米の国々です。

その初期から、ナショナル・ヒスパニック・ヘリテージ・マンスでは、毎年違った標語あるいは中心テーマを決めて、まとまった活動を行ってきました。2012年の標語は『出自は違えど、歴史は違えど、アメリカ人の魂ただひとつ』、2015年は『誇りを持て』、そして2016年は北アメリカの音楽に影響を与えたヒスパニックの伝統というテーマです。

セルバンテス文化センター東京在日アメリカ大使館で行われるナショナル・ヒスパニック・ヘリテージ・マンス2016の企画に参加することができ、大変光栄に思っております。

イベントは、今年のテーマに沿ってイクオ・オカンボ氏の主導の下、18時半頃から行われます。その後は、フランク・アベル氏のラテンダンスのレッスン、ラテン侍のDJランド氏ダンスナンバーなど、その他数多くの盛り上がる音楽とおいしいお酒を楽しめます。

皆さん一緒にナショナル・ヒスパニック・ヘリテージ・マンスをお祝いしましょう!

文: Silvia Aguerri
翻訳:井出聖峰

1989年にノーベル文学賞を受賞したスペインの人気作家カミロ・ホセ・セラの生誕100年記念日。

Página electrónica de la RAE

5月6日は、1989年にノーベル文学賞を受賞したスペインの人気作家カミロ・ホセ・セラの生誕100年記念日でした。

この100周年を記念して、マドリッドにあるセルバンテス文化センター本部では、9月中様々な活動・イベントを行ってきました。「カミロ・ホセ・セラ 最も近い記憶」と名づけられたその展示会では、それまで未公開だったガリシア人作家であるカミロ・ホセ・セラの60作品が集められています。

この展示会はチャーロとカミロ・ホセ・セラ基金により実現され、説が書かれた年月を共に過ごした作者夫人チャーロ・コンデ本人所蔵の資料によって構成されています。

この展示会では、「パスクアル・ドゥアルテの家族」や「蜂の巣」が書かれた際の原稿、写真、デッサン、詩、ペンや、その他の作品の初版本や初期作品、長旅の道中にホセ・セラがチャーロに宛てて書かれた多くの手紙のうちの幾つかが展示され、ホアン・ミロやパブロ・ピカソとの友情によって生まれた文芸誌「アルマダンス亭草紙」に掲載された本も展示されています。これら全ての資料からガリシアが生んだ作家の活力と創造性の軌跡を垣間見ることができます。

この展示会の開会式には、セルバンテス文化センターのビクトル・ガルシア・デ・ラ・コンチャ理事長、スペイン国立言語アカデミー(レアル・アカデミア・エスパニョーラla Real Academia Española)のダリオ・ビジャヌエバ学長、カミノ・ホセ・セラの息子で同じく作家・研究者のカミロ・ホセ・セラ・コンデ氏も参加しました。開会式でフェリペ国王はカミロ・ホセ・セラを「苦心の作家」「厳格な知識人」と称されました。

10月のバーチャル文学クラブでは、カミロ・ホセ・セラを特集し、彼の代表作である「蜂の巣」取り上げます。10月1日から10月30日まで、この小説について語り合うチャットに参加する為には、セルバンテス文化センター図書室のカードをご用意になり、このクラブのホームページに記載されている内容をお読み下さい。お問い合わせはeメールにて図書館長までお寄せ下さい。

文:シルビア アグエッリ
訳: 高島 笑里, 井出聖峰

ガリシアの日

ガリシアの日
9月に入り、皆さんの夏休みも終わられたころと思います。セルバンテス文化センターも通常に戻り、また新しい講座が始まります。新しいチャレンジにぴったりなこの季節、皆さんに耳寄りなお知らせです。セルバンテス文化センターでは、この10月からガリシア語のクラスを開講予定です。これまでカタルーニャ語とバスク語の授業がありましたが、今後はガリシア語も加わります。これで、スペイン国内の地方公用語は全て網羅されます。

ガリシアはイベリア半島の北東に位置し、歴史と文化のある自治州のひとつです。そこで今も大切に受け継がれている財産のひとつが、当地の母語であるガリシア語です。ガリシアは豊かな芸術と自然に恵まれているだけでなく、巡礼やケイマダ(蒸留酒に砂糖・レモンなどを加えた温かい飲み物)などの文化の発祥地でもあります。ガリシア地方の首都サンティアゴ・デ・コンポステーラでは、ロマネスク様式の美術・建築の傑作にも出会うことができるでしょう。この地方の首都と同じ名前を持つガリシア聖堂は、ガリシア地方やスペインの発展のうえで重要な役割を担ってきました。建築当初から現在に至るまで、サンティアゴの巡礼の目的地であるガルシア聖堂は、ガリシア地方とスペインの人々にとって、人々の交流によって生まれた高い芸術性や社会性を持つ重要な場所であり続けてきたのです。

セルバンテス文化センターでは、ガリシア地方についての情報をお届けしています。当館の図書室には、ガリシア地方の詩、歴史、文化や小説など、様々なテーマの蔵書があります。

9月8日(木)18:00からは、セルバンテス文化センター地下1階にて、ガリシア地方についてご紹介する「ガリシアの日」の催しを行います。入場は無料です。事前にご予約をお願いします。

「ガリシアの日」には、以下のようなプログラムが行われます。

  • ミニ講座「ガリシア語入門」
  • スペイン語講師マリア・メンデス氏による、ガリシア文化講座「サンティアゴ巡礼の道の歴史」
  • 美術学部卒で漫画のスペシャリストであるシルビア・サンチョ氏によるグローバルな観点での講義「ガリシア神話と日本の漫画の関係」「日本独特の美術表現である漫画」
  • ガリシアについての専門家、浅香武和氏による、日本語訳されているガリシア語作品についての講義
  • 石塚紀子氏のタンバリングループによる演奏
  • 会の最後には(ガリシア特産の食前酒)の試飲もご用意しています。

ガリシア語やガリシア音楽・文化・神話などに興味のある方は是非お越しください。お待ちしています!

文: Silvia Aguerri.
訳: 井出聖峰, Emiri Takashima.

アルゼンチンの独立200年記念日

Bicentenario independencia Argentina7月9日はアルゼンチンの独立200年記念日でした。この素晴らしい日をお祝して、今月はタンゴの国アルゼンチンの文化、文学、音楽、映画に注目したいと思います。

きっと皆さんはアルゼンチンについて良く知っているでしょう。サッカー、首都のブエノスアイレス、ペリトモレノの氷河、イグアスの滝、アンデスの山々…。本当に、アルゼンチンを連想させる単語は枚挙に暇がありません。しかし今回注目したいのは、我々が全貌を知っているわけではありませんが、国際的な期待が高まっているアルゼンチンの芸術作品です。

アルゼンチン文化の特徴は、その多重性です。つまり、アジア・アフリカからも大きな影響を受けたヨーロッパとラテンアメリカ文化の習合なのです。文学に関して言えば、アルゼンチンの文学作品はスペイン語文学の最高峰にあります。例を挙げるなら、アルゼンチン文学屈指の名作『エル・アルフ(Aleph)』の作者であるフアン・ルイス・ボルヘス、『石蹴り遊び(Rayuela)』を書いたフリオ・コルタサル、またアドルフォ・ビオン・カサレスやレオポルド・ルゴネスなどその他大勢です。それらの話は、現実の世界と夢の世界とが混在していることが多々あります。そこでは魔法と空想の要素は同一なのです。

もう一つ、音楽の世界ではタンゴが有名です。ダンスの一種であるタンゴは、ブエノスアイレス郊外で始まり、今日まで世界中で人気を博しています。ここにアストル・ピアソラ、カルロス・ガルデスなど、タンゴの王様として知られている偉大な作曲家たちを見ることができます。

最後になりますが、たいしたことではないですが、映画をいくつか紹介したいと思います。アルゼンチン映画はここ数年で広く認知され、数多くの国際映画祭で賞を受賞しています。『レラトス・サルバヘス(人生スイッチ)』、『ヌエベ・レイナス(華麗なる詐欺師たち)』、『エル・イホ・デ・ラ・ノビア(月の息子)』、『エル・セクレト・デ・トゥス・オホス(瞳の奥の秘密)』、外国語映画賞として2010年のオスカー賞を受賞しました。

フェデリコ・ガルシア・ロルカ図書館では上に述べた映画やその他たくさんの映画を見つけることができます。

文: Kinue Tsubata Mestre
訳: 井出聖峰

ゴンサロ・ヒメネス・デ・ラ・エスパーダ - 明治の日本にいたスペイン人

Cuentos del Japón viejo.1907年、日本政府からスペイン語教師として招かれた勇敢なスペインの男は、妻と生まれたばかりの子を連れて日本へ旅立った。

そのころの日本といえば、1868年の明治維新後の転換期であり、近代化の真っ只中であった。明治維新によって日本政府は西洋科学という学問を非常に重要視しており、また西洋から教師を迎えることにとりわけ力を注いでいた。

このような中で、今回の主人公ゴンサロ・ヒメネス・デ・ラ・エスパダは、東京外国語學校(現東京外国語大学)で教鞭を執ること10年間でした。

その時期に、ヒメネス・デ・ラ・エスパダは何人かの日本人の弟子に語った。これらの弟子による熱狂は後にキホーテの直接の翻訳を始める永田寛定 (1885-1973)を連れて来ることになる。その頃には既にキホーテの翻訳は存在していたが英語、フランス語、ドイツ語から日本語への翻訳であった。それらの翻訳者達は、島村抱月(1871-1918)片上伸(1884-1928)である。永田寛定がスペイン語からの翻訳を始めたのだが、一部の翻訳だけであった。後に、永田寛定の弟子、高橋正武(1908-1984)が1977年まで翻訳し続けた。このようにして永田寛定とヒメネスデ・ラ・エスパダとその弟子、笠井鎮夫はスペイン語研究の先駆者となったのであった。

ゴンサロ・ヒメネス・デ・ラ・エスパダは翻訳者としても重要な任務を果たしました。こちらでは、新渡戸稲造の作品である『武士道-日本の精神-』(マドリッド、ダニエル文庫、1909年)や、『日本昔話』(マドリッド、ラングレ、2009年)、『日本神話』(マドリッド、ラングレ、2013年)の翻訳を行ったことが有名です。

後の2冊は1914年に長谷川竹次郎が著した20篇にも及ぶ日本の伝統的な物語が元になっています。その中では、日本人の習慣や性格、また明治時代の日本が外国に伝えたかったイメージを見ることができるのです。

文: 津端マエストレ衣絵
訳: 井出聖峰

スペイン語の日2016は7月2日(土)開催です!

El día e

スペイン語とスペイン語圏文化を愛する全ての人々のお祝い、スペイン語の日。
8年目を迎える今年は、7月2日(土)に開催されます。
毎年恒例のオープニングセレモニー「言葉の雨」にはじまり、
スペイン語圏諸国のガストロノミー試食会、ダンスと音楽満載の1日です。
ぜひみなさまお越しください!お待ちしております。

開催概要:
月日:7月2日(土)
会場:セルバンテス文化センター全館
入場料無料、予約不要(先着順)

プログラム:

セルバンテスビル エントランス
13:00~ オープニングセレモニー「言葉の雨」
東京外語大学サルサ研究会サルケンデスライブ
スペイン語圏諸国大使館様ご提供、試食・試飲会

学習部 *1F受付までお越しください。
12:00 スペイン語体験クラス
14:00スペイン語認定証DELE プレゼンテーション
15:00スペイン語オンライン講座AVE プレゼンテーション

B1 オーディトリアム
13:45開場
14:05 スタート

キッズシアターロス・セルバンティージョス
ベニート・ガルシア・フラメンコスタジオキッズクラス”BG chan”
NPO 日本マリネラ協会キッズダンス
メキシコ舞踊メヒコ・エン・ラ・ピエル
パラグアイハープ演奏アルコイリス
詩の朗読・ギター伴奏
(16:30 終了予定)

6Fフェデリコ・ガルシア・ロルカ図書館
11:00~17:30
メルカディージョ・デ・リブロス
セルバンテス賞40周年展覧会
図書館会員登録年会費(新規・継続)の10%割引あり。

*上記内容は予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。

 

La lengua de las mariposas (蝶の舌)

Lengua_Mariposas6月は、特に市民戦争に注目しました。というのも6月4日と6月25日、セルバンテス文化センター東京の地下1階オーディトリアムで “La lengua de las mariposas (蝶の舌)”という映画が上演されるからです。この映画はガリシアのとある村での、モンチョという少年と彼の教師であるドン・グレゴリオの友情を描いている。この話は市民戦争が勃発する直前の数ヶ月の政治的緊張状態を際立たせて展開されます。間違いなく、市民戦争は昔も今もスペインの歴史において重要であり、まだ同じようにスペイン人の心にとっても重要です。

来月(7月)は、スペインで市民戦争が勃発して80周年になります。市民戦争の始まりはスペインが2つの党派に分かれた瞬間でした。その後3年間、戦争は続き、混乱、恐怖、狂信、いらだち、静寂、苦悩がスペイン人の日々の暮らしに溢れていました。そこで今月、私たちはこのような感情を表現している文学や映画の登場人物たちを取り上げようと思います。彼らは今日になっても、私たちをその複雑な時代の目撃者にするのです。

今月私たちは図書館にManual Chaves Nogales (マヌエル・チャベス・ノガレス)の”A sangre y fuego “やAntonio Muñoz Molina (アントニオ・ムニョス・モリナ)の”La noche de los tiempos “、Francisco Ayala (フランシスコ・アヤラ)の”La cabeza de cordero (子羊の頭)”などの文学作品を展示するコーナーを設置する予定です。また”Las largas vacaciones del 36(36人の長い休暇)”、”El viaje de Carol (カルロスの旅)”、”Soldados de Salamina (サラミナの戦士)”のような映画作品もその他の映画と共に展示する予定です。

そこで、ぜひ”La lengua de las mariposas (蝶の舌)”の上映に訪れたり、市民戦争の初頭の雰囲気をまとった文学や映画のコーナーを味わいながら図書館を散歩してみてください。

セルバンテス文化センター東京、EUNIC ジャパンの代表に就任

EUNIC Japan

4月23日より、セルバンテス文化センター東京の館長であるアントニオ ヒル・デ・カラスコが、EU加盟国の在外文化センターで構成されるEU文化ネットワークのEUNICジャパンの新代表に就任します。

アントニオ ヒル・デ・カラスコは、これまで副代表を務めており、2015年4月から代表であるポーランド広報文化センター所長ミロスワフ・ブワシチャックの後任となります。

代表就任にあたりセルバンテス文化センター東京は、2008年の創立以来取り組んできたように、日本におけるヨーロッパ文化への理解を深めると共に、EU諸国の文化協力の絆を強固にしていく所存です。

任期中、活動計画は年度毎ですが、今後3年にわたりそれを発展させ、EUNICの連帯の証である「~の芸術」シリーズとして共同の文化活動を実施していく予定です。

スペイン代表のもと第一弾は、「詩の芸術」がこの5月27日に開催されます。国民賞詩人のカルロス・マルサルがスペインを代表してこの文学の出会いを担当します。ヨーロッパ9カ国の詩人達の声を東京にお届けします。

セルバンテスの日


400Cervantes_Tokio1-1024x504

セルバンテスセンターではミゲル・セルバンテスの没後400年にあたる今年2016年に、彼に敬意を表し、500以上の催し物(講演、シンポジウム、展覧会、作品出版、コンサート、アトリエ、その他科学、思想、歴史と関連した様々な活動)を行います。世界中に彼の文学作品と人物像を広めるために大いに役立つ活動プログラムとなることでしょう。

セルバンテスの作品をよく知る専門家、作家ら350人以上が参加する予定です。その中には、フェルナンド・アラバル、ホルへ・エドワルド、フアン・ゴイティソロ、アンドレス・トラピエヨ、ハビエル・セルカス、フリオ.・ジャマサレス、グスタヴォ、マルティン・ガルソ、アンドレス・ネウマン、エクトル・アバ・ファシオリンセ、ホルへ・ボルピ、ハビエル・マリアス、ビセンテ・モリナらの作家も含まれています。

スペイン王立アカデミーのダリオ・ヴィジャ・ヌエヴァ会長をはじめ、ハビエル・ゴマ、ホセ・アントニオ・マリナ、アウロラ・エヒド、フアン・カルロス・ペレス・デ・ラ・フエンテ、マヌエル・グティエレス・アラゴン、ルイス・エドゥアルド・アウテ、クリスチナ・ガルシア・ロデロら大勢の名高い文化人、多くのバレエ界(スペイン国立バレエ団)、演劇界の仲間が参加します。海外からの参加者にはジャン・カナヴァッジョ、トレバー・J.・ダッドソン、エドウィン・グロスマン、アーミン・マルーフなども含まれています。

文化イベントの予定は増え続けており、その数既に500を超えています。4月23日には最高潮に達していることでしょう。この日は彼の命日であり、世界中のセルバンテス文化センターではセマナ・セルバンテス(セルバンテス週間)を祝福します。

合わせて348の機関がセルバンテス学会と共にこの計画に共に協力しています。そのうちの139(40%)がスペインの機関です。おもな機関として、スペイン王立アカデミー、王立医学学会、スペイン文化活動、AECID、INAEM、アルカラ大学が挙げられます。

209ある海外の機関は、各国の中南米スペイン語圏諸国の大使館や、EUNICに加盟している文化センター、オクスフォード大学、ハーバード大学、UNAM(メキシコ)、大英図書館の中にあります。

プログラムではセルバンテスの生涯と作品を取り上げます。彼の生涯は、自身と部分的に重なるところのある名作‘ドン・キホーテ’の主人公でもかなわないほどに波乱とバイタリティーに満ち溢れていました。

今後、様々なパイオニアたちがセルバンテスとシェークスピアの類似性を研究するでしょう。その研究の中では、スペイン文学の研究者ら、イギリス文学の研究者らが、2人の文豪がどのように名作を生み出したのか比較します。また、セルバンテスとインカ・ガルシラソに関する活動もあります。インカ・ガルシラソはクスコ生まれの作家・歴史学者であり、スペインとアメリカ大陸の文化的混血を行った第一人者である。2016年は、1616年に亡くなった彼の没後400年記念でもあるのです。

4月23日にセルバンテス文化センターに来れば、セルバンテスという人物に関するイベントが盛りだくさんです。セルバンテス文化センター東京は毎年マドリードのシルクロ・デ・ベジャス・アルテスで行われるドン・キホーテのシリーズ講座に参加し、生徒たちはドンキホーテを日本語で読みます。また同じ日に、フェデリコ・ガルシア・ロルカ図書館と連携した講座‘ドン・キホーテを読む’が始まります。

他にも、作家セルバンテスに関しての小さな本屋を開いて文献目録の展示をし、スペイン文学研究で名高い清水憲男氏によるドン・キホーテの価値について講演があり、イベントに参加して下さる皆様への贈り物として、在日コロンビア大使館からコロンビアの美しい花が飾られます。

4º Centenario de la muerte de Cervantes

 

 

 

 

Embajada de Colombia en Japón


 

 

_

 1 2 3 4 5 6 7 ... 64 65
© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es