セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

フットサル日本代表監督が来館!

皆さん、こんにちは!

フットサル日本代表監督が、スペイン・バレンシア出身だって皆さんはご存知でしたか?実は、ミゲル・ロドリゴ・コンデ監督が、先日セルバンテス文化センターを訪れたんです!

IMG_0445実は私も知らなかったのですが、代表チームの監督にスペイン出身の監督が選ばれる前から、スペインに日本代表が遠征に行ったり、日本代表の高橋健介選手がスペインのチームに所属していたりと、フットサルの世界でスペイン-日本の交流は前からあったそう。Fútbolといえば中村俊輔選手くらいしか思いつかなかった無知な私ですが、日本とスペインの国際交流が色々な分野で広がりがあるのだと、実感して嬉しくなりました!

最近気づいたことですが、ちょっと前まで日本では「フットボール」といえば、アメフト(Fútbol Americano)を指して言っていましたが、最近はサッカーのことをFúbtolと呼ぶのも聞き慣れてきた感がしませんか?やはりリーガ・エスパニョーラ人気の影響もあるのかもしれませんね。ちなみにフットサルはスペイン語ではFútbol Sala。こういったFútbol関連の情報にご関心がある方は、是非こちらのブログ(www.laliga.jpも見てくださいね。面白い情報が沢山掲載されています!

・・・・ちなみに、ロドリゴ・コンデ監督から学ぶ『サッカー&スペイン語』というコースを企画しようという案もあるとか、ないとか。皆さんは、この企画案をどう思われますか?もし将来的にコースが出来たら「参加したい!」という興味のある方は、こちらのメールまで(acx2tok@cervantes.es)メールをお寄せ下さい。

また、こんなコースがあったら良いなど、アイディアをこのブログでも交換してみませんか?ひょっとしたら、企画が現実になるなんてことがあるかも(!?)しれませんよ。私は、サッカーにはとても疎いのですが、もしこんなステキな先生がサッカー用語を教えてくれるなら、参加してみたい気もします。あとは、最近話題のハプスブルグ展を見てふと思ったのですが、ベラスケスダリピカソなどのスペインの画家達の人生を学びながら、芸術用語関連のスペイン語を学ぶなんていう企画というのも面白そうだと思いませんか?皆さんのご意見をお待ちしています!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es