セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

フルート&尺八コンサート情報!

来る11月18日(水)19:00にフルートと尺八のコンサートが開催されます。スペインからフルート奏者&作曲家であるアーティスト、フリアン・エルビラが来日公演!さらに尺八の巨匠として知られる福田輝久が共演します!

フリアン・エルビラ

フリアン・エルビラ

福田輝久

福田輝久

スペインから来日するアーティスト、フリアン・エルビラが吹くのは、フルート・コンプレックスという楽器で、なんとエルビラ本人が創ったオリジナルの楽器だそう!・・・フルートのことを知らない私。どれくらいスゴイことなんでしょう?ということで、Googleってみました。

私たちが今、オーケストラなどで見るフルートというのは、「ベーム式フルート」と呼ばれていてテオバルト・ベームというドイツ人のフルート奏者が発明したそうです。それまでは、穴(トーンホール)が空いたままの木製フルートだけで、ベームの発明のおかげで、金属のフルートが出来て、音階などにも幅が出来きて音程も安定したんだとか。そういえば、遥か大昔に小学校の音楽の時間に「フルートは木管楽器」と習ったときに、「でもフルートって金属なのに何故??」と思ったのは、私1人じゃないはず!この発明があるまでは木製だったんですね・・・なるほど!この画期的な楽器の変化により、フルートが吹ける楽曲の幅が広がったそうで、ベームは近代フルートの父とも呼ばれているそうです。

さて、今回来日するエルビラの楽器、フルート・コンプレックスも『ベームのフラウト・トラヴェルソ以来のフルート進化バージョン』といわれているとのこと。ということは、このオリジナル・フルートを創ったことは、本当にすごいことなんですね!そんなフルートの音色はいったいどんな感じなのでしょうか?楽しみです!

また、エルビラはコンテンポラリー前衛音楽の世界で最も注目されている若手アーティストで、新しい音楽を創造して観客を魅了しています。
さらに今回のコンサートでの注目ポイントは、尺八の巨匠・福田輝久との共演です!フルートという『洋』と尺八という『和』の音が生み出す世界と、『伝統』『コンテンポラリー』の共演。特別なステージになること間違いありません!

今回のフリアン・エルビラのコンサートには、東京ワンダーサイトの協力も得ています。日本とスペインの国際交流を音楽を通じて実現している若手アーティストです。

開催日:11月18日(水) 19:00から
会場:セルバンテス文化センター東京 オーディトリアム
入場無料。要予約。参加ご希望の方はinfo@cervantes.jpまで!!!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

関連リンク

フラグ

3コメント a «フルート&尺八コンサート情報!»

  1. IZUMI MAYUMI dice:

    11月18日19:00コンサート参加致します。

  2. toko dice:

    このコンサート、とても前衛的(アバンギャルド?)といことで、楽しみですね!こちら、予約はinfo@cervantes.jpで出来ますよ!当日、私も楽しみです!

  3. 栗林劭吉 dice:

    11月18日コンサートに参加します。

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es