セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

レベルチェック体験!してみました。

皆さん、こんにちは!秋期のスペイン語コースが10月3日まで申込ができるということもあり、私も先日、レベルチェックをして参りました!どんな様子だったのかを、ご報告しますね。

このレベルチェックとは、スペイン語コースを申込む際に「スペイン語学習の経験者」が自分のスペイン語レベルに適したクラスに入れるように受けるものです。私は、スペインのアリカンテ大学という所に約2年弱留学していました(随分昔のことですが・・・!!)そこで、センターで提供しているコースのレベルのどこに自分が位置しているのかを知る必要がありました。

レベルチェックの様子

まず、電話で予約をいれて、当日センターに向かいます。私も正直なところ久しぶりに「テスト」ということで、ちょっとドキドキ。センターに着くと1階の奥、セルバンテス書店さんの向かいが学習部の受付になっていて、そこでレベルチェックを受ける教室の番号が告げられます。

チェックはネイティブの先生と1対1で行われます。内容は会話レベルと筆記レベルのチェックです。セルバンテスのスペイン語一般コースのレベル設定は、欧州評議会の基準に合わせたもので、『A1、A2、B1、B2、C』というレベルに大きく分かれています。筆記テストの内容も各レベルによって異なっているそうです。そして生徒がどのレベルの筆記テストを受けるのかは、最初に行われる先生との何気ない(ように見える)会話から判断されるとのこと!!実はセルバンテスの講師は、選び抜かれた先生しかなれない!というだけあって、最初の会話から厳しくチェックされるんですね!私の会話チェックも、最初はお天気の話や自己紹介、家族の話から始まって、仕事の話や、現在の関心事項など、段々と会話の難易度と先生の話すスピードがアップしているなと感じました。笑顔のステキな先生の、あの眼鏡の奥では、私のスペイン語レベルをシッカリと確認していたのです!

さて、その後に行った筆記レベルチェックでは問題が渡されて、約20分くらいの時間が回答時間でした。文法確認問題や質問に答えるという問題もありました。後で聞いたところだと、これはレベルCのテスト内容だったそうです。

筆記テストが終わった後には先生が採点をして、レベルが伝えられます。そして各レベル毎に時間割があるので、自分の予定にあった時間帯を選んで、1階の登録受付でお申込みをしたら完了です!私のチェック結果も、約2年の留学経験が無駄にはならなかった・・・とだけ報告しておきます。

せっかく受講するのですから、スペイン語経験者は自分にあったレベルをチェックすることはとても有意義だと思います。おすすめします!ちなみに、スペイン語初心者はチェックは必要はありません。

先生方の雰囲気もとても明るく、フレンドリーで且つプロフェッショナル。きっと皆さんのスペイン語習得の大きな一歩となると思います!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es