セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

展示会・講演会・シンポジウム「宇宙の驚異」

今年の夏は異常気象の影響か、夏らしい日が少なかった気がします。その反面、奄美大島など国内で皆既日食がみれたりと、神秘的な出来事もありましたね!東京にいた私は、映像でしか皆既日食をみることができませんでしたが、「宇宙の一部なんだなぁ」と、妙に実感して感激したものです。

さて、そんな宇宙を感じれるイベントがこの秋、セルバンテス文化センターで開催されます!タイトルはまさに「宇宙の驚異(SORPRESAS DEL COSMOS)」。カナリアス宇宙物理研究所から著名な宇宙物理学者が来日し、講演会・シンポジウム・展示会の3本立てのイベントが予定されています。

テイデ天文台の魔術的な夜

テイデ天文台の魔術的な夜

講演会:10月8日(木)19:00~ 於:B1オーディトリアム

展示会:10月8日(木)~12月18日  於:セルバンテス文化センター東京 1階

スペインのカナリアス宇宙物理学研究所の天文台ビデオ中継も予定されていて、もし天気が良好であれば、宇宙の映像を観察できるとか!!なんと素晴らしいではありませんか!

ちなみに今年2009年は、ガリレオ・ガリレイが望遠鏡で夜空を眺めて、初めて天体観測をしてから400年という節目の年。この400年の間に、人類はロケットをつくり、月にも行き、今年は日本人宇宙飛行士・若田光一さんが長期滞在して無事帰還するなどなど、科学って進歩したのねぇ・・と文系脳の私はひたすら感心するばかりです。

講演会はスペイン語と日本語の同時通訳がつくとのこと。「宇宙ボキャブラリー」なんて、身近ではスペイン語でも日本語でも聞くことがないので、イベントを楽しむこと半分・ボキャブラリー勉強半分、の気持ちで出席する予定です!ちなみに私が今知っている宇宙ボキャは「Agujero Negro(ブラックホール)」・・・・以上。これから頑張って覚えます。

皆さんも一緒に宇宙を感じてみませんか?

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es