セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

新無料ネットスペイン語番組

先日は、スペインのドラマが東京にやってくるという話題で盛り上がりました。海外から日本にやってくるスペイン語圏の番組も興味深いですが、日本国内でもやっているスペイン語の番組があることを知っていましたか?実は、在日のスペイン語圏の人々を中心に立ち上げられた、インターネット番組が存在しているんです!その名も『Canal Latino』!

Canal Latino TV

Canal Latino TV

このインターネット番組は、松村マルセラ氏をはじめとする日本に在住するラテンアメリカ・コミュニティの人たちが運営している番組です。このネットTVで教育学関係のテーマを松村マルセラ氏と一緒に学ぶことが可能です。

現在日本には10万人以上のスペイン語スピーカーが住んでいて、なんと、その中の6万人はペルー人なんだそう。確かに、私たちにとってペルーがラテンアメリカでも身近な国に感じるのは、在住している人数と比例しているのかもしれませんね。五反田のペルー領事館近くにはラテンアメリカのショップやスーパー(?)、レストランも多いですし。

ラテンアメリカ・コミュニティに詳しいマルセラ氏によると、ペルー人の多くは仕事をするために日本に家族をつれてきているそうです。初めのほうは『数年だけ住む』と決めて来日するのですが、その多くはいつ帰ってくるかわからなくなるまで残ってしまう人達も多いとか。
この10万人のグループには日系の人もいれば、日本人と結婚している男性、女性、また家族連れで勉強または働きに来た人達もいます。グローバリゼーションとはよく言いますが、本当に私たちの身近なところで国際化が進んでいるんですね。

人々の行き来が進めば、習慣や文化の違いで必ず『カルチャー・ショック』があるのは付きもの。想像に難くないと思いますが、日本での生活は自国の生活習慣とはとてもかけ離れていて、周囲の環境に慣れるのにも様々な苦労があるそうです。そしてこの慣れない環境の中で子ども達を育てるのは、彼らにとっては大きな壁に向っていく位、大変なエネルギーを要するんですね。
そこで生まれたのがこの番組!日本に住むスペイン語圏の方々が、日本での生活を快適に過ごせるように、日本で子どもを育てるスペイン語圏の両親をサポートすることを目的に創られたんですね!さらに、日本社会を理解する為の情報番組として、そして日本の私たちにとっても、ラテンアメリカの文化を知ることが出来る、ネット番組を通じての国際文化交流の場とも言えるのではないでしょうか?

在住のラテンアメリカ・コミュニティの子どもたちが近い将来バイリンガルになって、日本とスペイン語圏の国の架け橋になれるよう、応援するために生まれた番組ということですから、私たちもこの番組を活用して、ラテンアメリカ文化を学んで行きたいですね!

道をあるけば様々な国の人々とすれ違うのが当たり前になっている今日この頃、「国際化」や「グローバル化」なんていいますが、結局は『人と人』とのつながりだと思います。お互いにお互いのバックグラウンドを尊重しあった付き合い方が出来れば、いつかは『xx国の人』と呼ばれるのではなく、『xxさん』との付き合い、という様になれればこれが本当の意味で『グローバル』なのではないかな?と個人的には信じています。だからこそ、相手を理解する為にそれぞれの文化・社会情報にはアンテナを張っていたいものですね!

さてさて、ご紹介した番組はこちらで見れますよ↓↓↓

Canal Latino: www.canal-latino.tv

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es