セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

熱い!スペインのアーバンカルチャー

ここ何日かで急激に冷えて、寒さが苦手な私は布団から出るのが辛い毎日・・・。でも、そんな寒い気分を吹っ飛ばす熱いイベントがやってきます!12月9日(水)・10日(木)の両日、18時からスタートする『スペイン:新時代のアーバンカルチャー』というイベント。なんと!世界的に著名なスペインを代表するイサベル・コイシェ監督や国際的に活躍し日本を代表する女優・菊地凛子もやってくるというんですから、行くしかないですよね!要予約です!!!

スペインのアーバンカルチャー

スペインのアーバンカルチャー

2日間に亘って、スペインの最前線のアートを語るシンポジウムで、3つのセクションから分かれています。9日(水)には対談が2つ行われる予定で、対談1:ホラー映画、対談2:脚本・映画監督というタイトルで開催されます。

スペインは皆さんもご存じのとおり、映画のレベルも非常に高く、国際的にも高い評価を得ている監督さんや俳優・女優さんが多いですね。ホラー映画もとても有名で、たとえば私がスペインで一番最初にみた映画『Los Otros』はスペインのAlejandro Amenábar(アレハンドロ・アメナバル)が監督をし、ニコール・キッドマンが主演していました。まだ、スペイン語が全然できないのに、どうしても映画館に行きたくて「ホラー映画ならスペイン語が分からなくてもいけるだろう」と思って選んだ映画でしたが、とても面白かったのを覚えています。映画館で、初めてスペイン語吹替えでみたのでとても新鮮でしたし。最近では、Recがとても有名ですね。そんなスペインの熱いホラー映画の世界をエリオ・キロガ監督一瀬隆重プロデューサーが語ります。

さらに、対談2では『あなたになら言える秘密のこと』で有名なイサベル・コイシェ監督とその作品に出演している女優・菊地凛子が来るというから、想像するだけでも、血圧が上がりそうに興奮してしまいます。ちなみに、その総合司会をやる方はスペインに行ったことがある人なら一度は耳にしたことがある『Casa Asia』という機関の館長さんです。カサ・アシアは私も実は2回ほど訪れたことがありますが、バルセロナにあるアジアの文化普及センターのようなところで、積極的にイベントをやっている文化センターです。私が訪ねたのは本当に昔なのですが、友人を訪ねてバルセロナに数泊したときに、「無料でネットがつかえてさらに日本語の文字入力ができる」というので、連れて行ってもらった記憶があります。日本の文化も積極的に紹介されていて、日・西の交流にとても貢献しているセンターだと思います。その館長さんが来日されるというので、それも楽しみです!さらにその後にはスペインを代表するアーティスト、ジョルディ・ラバンダのオープニングもあります。スペインで文房具屋さんに足を踏み入れて、彼の作品をモチーフにした筆記用具を置いていない店は無いと言えるくらい、人気のイラストを手掛けています。見どころいっぱいですね!

そして10日(木)は、アントニオ・ムンタダスによるスペインのビデオ・アートの講演会と、対談:3テレビゲームが2本立てで開催されます。その対談に来るクリエーターが、スペインでおそらく世界に最も名を広めたであろうというゲーム、『コマンド』を作ったクリエーター、ゴンソ・スアレスが来日するというのですから、見逃せません!!私が留学していた先のアリカンテでも、彼の講演会が開かれたことがありましたが、その講演会場は人が殺到して大変だったと記憶しています。私たち日本のゲームも世界を魅了していますが、スペインのゲームコンテンツもすごいんですね!

ということで、面白さ満点のイベントが盛りだくさん!寒いといって家の中に閉じこもってはいられません。

参加希望の方は、要予約!info@cervantes.jp まで!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es