セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

DELE試験まで、あと10日!

今日、11月4日から数えてあと10日DELE試験当日をむかえます。まさに試験直前!残り日数は2桁を切り、10本の指で数えられるまでに迫ってきました!!受験生の皆さん、試験準備は万全ですか?体調は崩していませんか?

皆さんもご存知のように、DELE試験は通常5月と11月、年に2回開催されています。2009年度の試験はこの11月試験が最後!悔いの無い結果を残すため、最後の試験準備にラストスパートをかけて行きましょう!

DELE試験

DELE試験

今回の11月試験は、東京・大阪・京都・福岡・沖縄5つの会場で開催されます。会場数も多くなり、試験が受けやすくなったのもあってか、受験者数が年々増加しているとのこと。5月試験からA1(入門)レベルという新しいレベルが加わって、今までの初級(B1)、中級(B2)、上級(C2)のレベルだけでなく、入門レベルからも受験が出来るようになった事も、受験者数を増やす要因になっているのかもしれませんね!

さらに、関西での受験者数の伸びがとても顕著で、大阪会場・京都会場の両方とも受験者数が増!関西でのスペイン語学習者の熱気がここまで伝わってきそうです!『あつい』といえば、沖縄会場も昨年11月の初めてのDELE実施されてから今回が2回目ですが、受験者の数も順調に増えています。福岡も今まで唯一の九州会場でしたが、受験者数は他の会場同様、右肩上がりです。そして、全国で最も受験者数が多い東京会場も前例にない申込がありました。これだけ多くの人がスペイン語の資格取得にむけて頑張っているのかと思うと、同じスペイン語学習者として、嬉しくなりますね!一緒に頑張りましょうね!

以前、このブログでもお話したことがありますが、DELE試験は長期戦です。一日目の筆記試験もとても試験時間が長いので、どんな流れの試験になるのか、時間配分はどうなっているのかを過去問題などをさらって受験することをオススメします。過去問題はこちらでダウンロードできるので、試験のシミュレーションを兼ねて、時計で時間を計りながら模擬試験をしても良いかもしれませんね。

また、今回受験人数が多いということは、筆記試験口頭試験の時間に開きがあるかも知れないということです。今までは地方の会場の口頭試験は1日で終わることが多かったようですが、今回は2日間にわたって口頭試験が行われます。皆さん、受験票の口頭試験の時間割をきちんとチェックして下さいね!面接時間はそれぞれ個人で時間割が異なるので、間違わないように気をつけてください。

11月の受験者の方々は、スペイン語の勉強を4月からスタートして準備を整えて受験に臨む印象がありまが、今度の試験の様子をみて、さらに次のステップとして5月試験も視野にいれた長い目でみた資格取得計画を立ててみてはいかがでしょうか?

ここ数日間で急に真冬の寒さになりました。風邪を引いたりしないように、体調管理には十分気をつけて受験に臨まれてください。本番まであと少しです!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es