セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

オルケスタ・デ・ラ・ルスのライブに行ってきました!

皆さんご存知、Orquesta de La Luzのライブをビルボードで見て参りました!『サルサに国境はない!』という言葉を発したのは、ボーカルのノラさん。ラテンの空気に巻かれ、熱い・熱い夜となりました!

Orquesta de La Luz

Orquesta de La Luz

会場のビルボードに行ったことがある方はご存知かと思いますが、ステージに向かうと後ろがガラス張りになっていて、都会の夜景が広がって、とてもロマンティックで素敵な雰囲気で会場を演出してくれているんですよね。素晴らしい会場に気分も盛り上がります!

昨夜のライブは自由席ということもあって、先着順で私が着いた頃には既に行列!みんな、デラルスの大ファンだということが会場に入る前から伝わってきました!そして、ちょっと露出も多めな服装の方も少しですがチラホラ。やっぱりラテンの夜は熱いんですね。

デラルスのメンバーが入ってくるなり、指笛が鳴り始め、音楽が始まると自然に体を動かす人も!

立って楽しめるライブということなので、盛り上がるにつれて、お客さんは総立ち!サルサを踊っているカップルも見受けられました。日本人はシャイといいますが、サルサの音楽のリズムでは自然に体が動いてしまうんですね!

もちろん、デラルスのライブ演奏は最高でした!ボーカルのノラさんは、去年のスペイン語の日(El día e)でも特別ライブをやっていたので、なんだか(勝手に)身近に感じてしまいました。曲間のMCでもその明るいポジティブなラテンパワーが伝わって来て、元気にさせてくれる、そんなカリスマをもったメンバーのグループですね。

日本人がサルサをスペイン語で歌うということが、自然に感じるこの熱気とパワー!やっぱり音楽には国境が無いんですね。

スペイン語を長く学習していても、歌詞の聞き取りはなかなか難しいというのが正直なところ。でも、今回は素晴らしい歌声のおかげもあって、ほぼ完全に聴き取れたので、ライブ充実度120%でしたよ!

学習者の皆さんも、せっかく学んだスペイン語ですから、楽しみながら『体も心も元気になる』イベント等で是非その習得度を実感して下さいね!

さて、ノラさんもライブをしてくれた昨年の『El día e (スペイン語の日)』のイベントですが、今年はどのアーティストが来るのでしょうか?楽しみです!

ちなみに、今年開催の『El día e』は、6月19日(土)です。皆さんも是非セルバンテスに集合して下さいね!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es