セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

ゴールデングローブ賞・・・受賞には至らずとも。

アカデミー賞ととても関連づけて注目されるゴールデングローブ賞。その発表が日本時間の1月18日にありましたね!メディアで報道されているのは『アバター』などですが、個人的に注目していたのは、スペインを代表する監督ペドロ・アルモドバルの作品『抱擁のかけら(原題:Abrazos Rotos)』でした。

アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』

アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』

外国語映画賞にノミネートされていた『抱擁のかけら』は、アルモドバル監督ペネロペ・クルスのゴールデン・コンビの作品で、「ひょっとしたら受賞できるかも!」と期待していましたが、残念ながら受賞には至りませんでした。

日本では2月6日から全国ロードショーとなるということなので、とても楽しみに上映を待っています!美しいペネロペはもちろんですが、Blanca Portillo(ブランカ・ポルティージョ)という女優さんが出演していて、彼女の演技も注目です。実は、ドラマ好きの私。スペイン留学時代にはまっていたドラマ「Siete Vidas」に出ているブランカをみてその存在を知りました。アルモドバル監督作品の『ボルベール・帰郷』にも出ているので、ご存知の方も多いと思います。アルモドバルの作品に多く出演する女優さんはボンド・ガールとかけて「Chicas Almodóvar(アルモドバル・ガール)」なんて、呼ばれていますが、ペネロペもブランカもその一人ですね。早く2月が来ないかと、とても楽しみです!

さて、2月公開までスペイン語圏映画を楽しみたい人は、セルバンテスでもいくつか上映されるのでご紹介しますね。

ひとつは、先日こちらのブログでも紹介したチリ映画の『マチュカ~僕らの革命』。昨日(18日)の新聞で報道がありましたが、チリでは大統領選挙があって、20年間続いた政権が交代したそうです。そういう今のチリのニュースをちょっと見てから映画を見るのも面白いと思いますよ。上映は1月23日(土)17時からです。

もうひとつは、DVD発売記念特別上映『エル・カンタンテ』。サルサ界の超大物のマーク・アンソニーと奥様のジェニファー・ロペスが共演した映画です。マーク・アンソニーとジェニファー・ロペスといえば、ラテンアメリカ出身で世界で活躍している『超』ビック・カップルですが、この2人が伝説のサルサ歌手エクトル・ラボーの生涯を熱演しているということで、とても楽しみです!上映は2月6日(土)14時からと、13日(土)16時からです。

どちらとも入場無料予約不要ですので、スペイン語仲間を誘って是非いらしてくださいね!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es