セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

マリオ・バルガス・リョサのスピーチ

先日、ノーベル文学賞の選考委員会であるスウェーデン・アカデミーで、受賞者のマリオ・バルガス・リョサのスピーチがありました。

その記事がEl País紙に掲載されていましたので、皆さんも是非チェックして見てください。

記事のタイトルが、『El Nobel que lloró y que hizo llorar』・・・日本語に訳すと、「泣いた、泣かせたノーベル受賞者」とでも言うのでしょうか?

記事を読んでいくと、受賞までの彼の人生を綴った感動的なスピーチだったようです。通訳者も涙したというのですから・・・。

このエル・パイス紙の記事にもビデオのリンクが張られていますが、Youtubeでも見ることができますよ↓↓↓↓

Imagen de previsualización de YouTube

美しい言葉を生み出しす作家のスピーチは、きっと多くの人の心に残るのではないでしょうか?

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es