セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

マリオ・バルガス・リョサ氏:ノーベル文学賞受賞!

日本でもノーベル化学賞のニュースが話題を呼んでいますが、こちらもすごい!ペルー出身の作家であるマリオ・バルガス・リョサ氏がノーベル文学賞を受賞しました!スペイン語圏文学を代表する作家の受賞ということもあり、日本では勿論のこと、スペイン語圏の各国で大きく報道されています。なんと、受賞後の記者会見はニューヨークのセルバンテス文化センターで行われたそうです。

プリンストン大学で文学講義の教鞭をとる為にニューヨークに滞在するバルガス・リョサ氏は、受賞の知らせを受けてから、ご本人の希望で最初の記者会見はニューヨークのセルバンテス文化センターになったそうですよ。同氏は、1994年にセルバンテス賞を受賞されています。

El País紙が、受賞後初の独占インタヴューをネットニュースで掲載しています。↓↓↓

リンク:http://www.elpais.com/articulo/internacional/Pienso/escribir/dia/muera/elpepuint/20101008elpepuint_2/Tes

見出しは、『私が息を引き取る日まで書き続ける』・・・素敵ですね。

セルバンテス文化センター本部のHPにも同氏の経歴など詳しく載っています⇒ここをクリック

このニュースをきっかけに、同氏の作品を読んでみるのはいかがでしょうか?

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es