セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

図書館で祝うサン・ジョルディの日

皆さんは4月23日(金)が何の日かご存知ですか?以前、ブログでも少し紹介させて頂いたのですが、この日は『本の日&サン・ジョルディの日』なんです!この日は、スペイン、特にカタルーニャ地方で「男性→女性にバラを贈る」そして、「女性→男性に本を贈る」というロマンチックと知性に溢れる日なんです。

さて、なぜこの日がそのように指定されているのか、皆さんにご紹介したいと思います。

sant-jordi

まず、サン・ジョルディの日から。

サン・ジョルディの伝説

サン・ジョルディの伝説

サン・ジョルディというのは、スペインのカタルーニャの守護聖人なんです。サン・ジョルディの有名な伝説のひとつで、龍にとらわれたお姫様を、剣の一突きで龍から救ったという話があるのです。その龍から流れた血が落ちたところに、『バラ』の花が咲いたという言い伝えがあることから、サン・ジョルディの日=バラの日、となり男性が女性にバラを贈る習慣ができたんですね。そのサン・ジョルディが亡くなったといわれているのが4月23日なんです。

路上でもバラを売る花屋さんでいっぱいに!

路上でもバラを売る花屋さんでいっぱいに!

それでは、本の日の説明。

4月23日は、この「セルバンテス文化センター」の名前の由来ともなっている、ドン・キホーテの作家・ミゲル・デ・セルバンテスの命日なんです。さらに、シェークスピアの誕生日ということもあり、ユネスコで「世界本の日」として指定されているんです。このことから、女性は男性に本を贈るという習慣ができました。現在では、異性・同性を関係なく本をお互いに贈るという習慣が定着したようです。

本のフェリアなどで賑やかです。

本のフェリアなどで賑やかです。

サン・ジョルディの日を記念して、スペイン、特にカタルーニャ地方では路上に本屋や花屋が立ち並び、賑やかなフェリアが開催されて人でごったがえするんですよ。

そこで!セルバンテスの図書館でもサン・ジョルディにちなんだイベントをします。図書館で本の借出し、または新規会員手続きをした方、先着100名にバラの花がプレゼントされます!まだ図書館会員証を持っていない方は、この日だけ特別に1000円割引で会員登録出来るということですので、この機会をお見逃しなく!さらに、先着100名であればバラの花もプレゼント!配られるバラは、高品質ということで非常に有名なコロンビア産のバラの花です。

みんなで一緒に、本の日&サン・ジョルディの日を楽しみましょう!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es