セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

国際会議:女性のエンパワーメント

2010/05/24 | イベント | | 1 comentario

先日、北京で開催された第20回世界女性サミットで、JICA理事長の緒方貞子氏が大賞にあたる『2010グローバル・ウィメンズ・リーダーシップ・アワード』に選出された、というニュースを新聞で読みました。緒方氏といえば、国連難民高等弁務官を務めていらしたりと、国際舞台でリーダーシップを発揮してきたことでも知られていますよね。緒方氏をはじめ、世界で、そして私たちの身近なところで女性が活躍する現代。今回開催される国際会議『女性のエンパワーメント』で皆さんも一緒に考え、議論してみませんか?!

国際会議:女性のエンパワーメント

今回のテーマが女性の「エンパワーメント」ということなので、さっそくエンパワーメントの定義を調べてみました。

ツイッターでの質問はこちらから

エンパワーメントとは、『個人や集団が自らの生活への統御感を獲得し、組織的、社会的、構造に外郭的な影響を与えるようになること』と定義されるとのこと。つまり今回セルバンテスで開催される国際会議は、社会における女性の活躍とその影響について日本とヨーロッパと比較しながら対話・ディスカッションをしよう、という内容のものなんですね。

近年は特に女性が「元気」な時代だと言われています。女性の私としては、嬉しい限りです!政治や経済界で活躍している女性をみることも増えましたし、自分の身近な生活の場面でも、エネルギッシュな女性が多いと感じる今日この頃。是非、今回の国際会議で女性のエンパワーメントについて、政策・経済・社会の側面からみて、考えるきっかけにして頂けたらと思います。

今回は、国際会議ということで、日本からは勿論、欧州のスペイン、ドイツ、ノルウェー、イギリス、オランダからもパネリストが参加します。パネリストは男女を問わず、メディアやシンクタンク、コンサルタントやCEOマネジメントなど各界の第一線で活躍されている方々です。その方々の話を聞くだけでも価値があること間違いありません!

スペインでは、数年前から「役員の男女比率を均等にする」という法律がありますし、ノルウェーも上場企業の役員の4割が女性であることという法律ができました。そういう意味で、現地の現場で活躍している専門家と識者から話をきける機会があるということは、貴重な機会だと思いますよ!

男女を問わず、人として、社会への関わり方を考える機会となる会議となることは間違いないと思います。皆さんのご参加をお待ちしています!当日の詳しいプログラムはこちら!

開催日時:6月12日(土) 9:30〜17:00

言語:スペイン語、英語、日本語の同時通訳あり。

入場は無料ですが、予約(info@cervantes.jp)が必要です!また、ご参加は「全日」「午前のみ」「午後のみ」の3つの参加スタイルから選ぶことが出来ますので、それも明記して下さいね。

そして、予約は必ずinfo@cervantes.jpまでメールを送って下さい!!

それでは、皆さんのご参加をお待ちしています。

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

1コメント a «国際会議:女性のエンパワーメント»

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es