セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

映画上映会:『僕と未来とブエノスアイレス』

今回の土曜映画上映会でご紹介するのは、2003年のアルゼンチン・フランス・イタリア・スペイン合作の作品です。なんと、この作品は第54回ベルリン国際映画祭銀熊賞をダブル受賞(審査員特別大賞・最優秀男優賞)をとった作品!上映は8月7日(土)17時と8月28日(土)14時30分からです。

作品のあらすじはこちら↓↓↓
現代アルゼンチンにおけるユダヤ系移民の若者であることは一体何を意味するのか。25歳をとっくに迎え、生まれてすぐに家族を置き去りにしてイスラエルへ戦争に行った父親の姿のあり方とは。
ア リエル(ダニエル・エンドレール)は混乱と退廃が渦巻くアルゼンチンに住む青年。ある日突然ずっと子供の頃に姿を消した父親が戻ってくるという。しかもな んだか新しい事情があるようだ。本作品が4作目の長編映画となるダニエル・ブルマン監督が揺れる青年の心模様を描く、悲しくもユーモラスな嘘と真実の物語。

 監督:ダニエル・ブルマン、2003年、アルゼンチン・フランス・イタリア・スペイン合作、100分

監督のダニエル・ブルマンは、『南米のウッディ・アレン?』とも謳われる名監督。ユーモアに溢れた作品はきっと気持ちをハッピーにさせてくれるのではないでしょうか?
 
日程:8月7日(土)17時~
   8月28日(土)14時30分~
場所:地下1階オーディトリアム
予約:入場無料、予約不要、先着順
言語:スペイン語(日本語字幕付き)

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es