セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

特別試写会『アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち』

来る6月3日(木)19時から開催される特別試写会『アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち』は、既に予約で会場が埋まってしまうほどの大盛況!

今回は残念ながら応募できなかった方にも、この映画の魅力を知って頂きたいので、このブログで紹介しますね!

cafe

スペイン語での原題は『Café de los maestros』2010年6月にBunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショーの作品です!!!作品は、アルゼンチン、ブラジル、米国の共同制作されています。ミゲル・コアン監督はインディペンデント・ドキュメンタリー界で活躍するとともに、プロデューサー、カメラマン、撮影監督してもキャリアを積んできた監督。そして、プロデューサーのグスタボ・サンタオラージャ氏は、音楽家・プロデューサーとしてキャリアを歩んでいて、コロンビア出身で超大スターのフアネスのプロデュースもしてきたというツワモノ!プロデューサーとして、11ものグラミー賞を受賞していて、この『アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち』もその受賞のひとつ!さらに、映画音楽も手がけていて、人気を博した『バベル』や『ブロークバック・マウンテン』の音楽ではアカデミー賞をもらっているんです。

cafe3

 

そんな制作側も「巨匠=マエストロ」の映画作品。見ごたえ十分です!では、あらすじもご紹介します↓↓↓

<あらすじ>

2006年、ブエノスアイレスの最も古いレコーディングスタジオで、1940年代から50年代に活躍し、アルゼンチンタンゴの黄金時代を築いたスター達が感動的な再会を果たした。そして──タンゴの偉大なるマエストロたちがミラノ・スカラ座、パリ・オペラ座に並ぶ世界三大劇場のひとつであるコロン劇場で一堂に会した夜…二度とは観ることのできない奇跡のステージの幕が開く。

 

cafe2 

この作品、脚本はもちろん、映像も映画音楽も情熱的なことは間違いありません。

今回の特別試写会は募集がでてすぐに定員になってしまって参加できない皆さんは残念ですが、6月26日から全国順次ロードショーということなので、劇場でもお楽しみいただけますよ!また、EU映画上映会でも素敵な作品がセルバンテスで上映されていますので、是非そちらにもご参加くださいね!

写真© 2008 LITA STANTIC PRODUCCIONES S.A./ PARMIL S.A./VIDEOFILMES PRODUCCIONES ARTISTICAS

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es