セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

講演会:「アトラス-迷宮のボルヘス」

先週から、アメリカ大陸を旅行しているChéさんの旅行記をこのブログで掲載させてもらっていますが、その旅の写真が届くたびに、その美しさに目を奪われます。皆さんも旅をすることが好きなはず!思い出に残っている旅は、どんな旅ですか?

さて、今度セルバンテスで開催される講演会は『旅』をテーマにした内容です。アルゼンチンを代表する作家、ホルヘ・ルイス・ボルヘスとその妻のマリア・コダマの旅。皆さんも、その『旅』に参加してみませんか?日時は4月28日(水)19:00からです!

マリア・コダマ氏

マリア・コダマ氏

『アトラス-迷宮のボルヘス』(訳:鼓宗/現代思想新社)の序文によると、ボルヘスは『この地上における快適な日々のなかで、マリア・コダマとわたしは、多数の写真や文章からうかがえるように、あちこちの土地を訪れ、楽しんだ』と述べたそうです。

世界の各地を、愛する妻と旅行することが彼のインスピレーションをさらにかき立て、美しい言葉が生まれていったのでしょうか。なんてロマンチックなんでしょう!

今回の講演会は、同日にオープニングを迎える写真展『アトラス-迷宮のボルヘス』を記念した講演会です。講演の後には、素晴らしい写真の数々を見て、実際にどのような旅をしてきたのかを目で楽しむことができますよ!

毎日の通勤・通学の中で、なかなか旅をすることが出来ない方も多いかもしれません。この講演会で、国際的な作家であるボルヘスがどのような旅をし、何を感じたのか。そしてそれが美しい言葉として反映されていったのかを知ることで、きっと皆さんも『旅』を一緒に楽しんで頂けると思います!

ボルヘスの妻であり、国際ボルヘス財団理事長のマリア・コダマ氏ご本人も演壇に立ちます。この機会をお見逃し無く!

日時:4月28日(水)19:00〜。地下1階オーディトリアムにて。

*講演会の後、写真展のオープニングレセプションが20:00より開催されます。

ご参加希望の方は、info@cervantes.jpまでご予約下さい!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

2コメント a «講演会:「アトラス-迷宮のボルヘス」»

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es