セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

講演会:経済危機と戦略地政学上の再平衡

新聞では毎日のように欧州経済の話題が紙面を賑わせ、スペインの名前も何度となく目にすることが多いですね。勿論、世界経済情勢は私たちの関心を呼ぶテーマですし、さらにスペイン語を学んでいる以上は、スペインの現状をアップデートしなくては、と思うのは私だけでは無いのではないでしょうか?

今回、6月29日(火)19:30から開催される講演会では、スペイン政府で大臣を歴任したジョセップ・ピケ氏が経済危機と戦略地政学に関する特別講演をされます。

今回、講演するジョセップ・ピケ氏のプロフィールはこちら:

バルセロナ大学法学部卒、経済・経営学博士。産業大臣(1996-2000)、政府スポークスマン(1998-2000)、外務大臣(2000-2002)、科学技術大臣(2002-2003)、カタルーニャ国民党党首(1992-2007)と各省庁の重要ポストを歴任。近年では現職の航空会社Vueling社長(2007)、Mixta África社社長(2008)、PANGEA社社長(2009)を務める。またビジネススクールESADE顧問を始め、インドネシア政府・ブルガリア政府参事官、ウズベキスタン商工会議所顧問、企業Gaesco、Tradisa、Abertis、USP、Reparalia取締役会役員でもある。

上記のプロフィールにも書かれていますが、ピケ氏はスペイン政府の重要ポストを歴任したスペインの政界・経済界の大物。さらに、現在はスペインと日本の有識者、財界人や芸術家などの各界で活躍する方々の意見交換会=知的交流の場となっている『日本・スペインシンポジウム (Foro España-Japón)』の座長を務めていて、日本とも関係が深い方なのです。

このように、実際に大臣を歴任した経験者であり、現在も積極的に活動しているご本人のお話が聞ける機会は滅多にありませんよ!今、スペインの経済情勢が世界の注目を浴びていますが、興味深い話が聞ける事は間違いありません!皆さんのご参加をお待ちしています。

ジョセップ・ピケ氏による講演会「経済危機と戦略地政学上の再平衡―スペインと日本のケース」
日程:6月29日(火)19:30~

場所:セルバンテス文化センター東京地下1階オーディトリアム

予約:入場無料、要予約。参加ご希望の方はメールにてお申込ください:info@cervantes.jp

言語:スペイン語、日本語(同時通訳あり)

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es