セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

DJセッション”EL FANTASMA DE LA LIBERTAD(自由の幻想)”

モロッコ出身のフランス音楽家・DJのラファエル・セバーグ氏がルイス・ブニュエルの同盟映画作品からインスパイアされ手掛けた『El Fantasma de la Libertad』(2006)収録の曲を披露します。偉大なるスペインの映画監督であるルイス・ブニュエルに捧げられる音楽と映像の素晴らしいパフォーマンスをご覧ください。 7月31日(土)19時からスタートです。皆、集まれ!!


ラファエル・セバーグ(1958年モロッコ、メクネス生まれ)
モロッコ出身のミュージシャン、DJ。幼少期をメクネス、カサブランカなどを転々としながら過ごし、12歳の時に家族と共にパリへ移住。80年代になると「パリス」という名のバンドを組み、やがて東京へ移りライブ活動を行うようになる。1990年には矢部直、松浦俊夫らとUnited Future Organization(U.F.O.)を結成。同グループは『United Future Organization』『No sound is too taboo』『V(five)』など数々のアルバムを発表、その活躍は日本だけでなく海外でも成功を収める。
現在はソロ活動を行い、次々と新たな作品を発表し続けている。楽曲のルーツはラテン・ジャズからキューバ・ブラジル音楽やアルゼンチン音響派、テクノ、インドなどのエキゾチックサウンドまでボーダーレスであり、これらをクロスオーヴァーさせフロアを熱くするプレイを繰り出す。

なんだか、『夏が来た!』という感じですよね。ブニュエルにインスピレーションを得たという今回のパフォーマンス。楽しみです♪ 是非、お友達や仲間と一緒にフロアをうめましょう!!

日程:7月31日(土)19時~22時
場所:セルバンテス文化センター東京2階ギャラリー
予約:入場無料、要予約。参加ご希望の方はメールにてお申込ください:info@cervantes.jp

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es