セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

EU映画上映会!

今年2010年前半期はスペインがEU議長国ということで、メディアでもEUの話題の時には必ずと言っていいほど『議長国スペイン』という言及がありますね!欧州メンバー国のまとめ役として、スペインも頑張っているのが伝わります。

さて、その2010年上半期EUスペイン議長国を記念した映画上映会がセルバンテスで開催されます!ヨーロッパの現状や社会問題にフォーカスした内容の濃い良質な作品ばかりです。3月から6月まで毎週土曜日に上映されますので、この機会をお見逃し無く!

上映作品 『サン・ジャックへの道』

上映作品 『サン・ジャックへの道』

今回はEUということで、スペインの映画以外にもフランスやイタリア、リトアニアなどの映画、合計6作品が上映されます。なかなか観ることのできない作品が揃っているので、映画ファンにも満足してもらえること間違いありません!

作品はこちら:

『14キロメートル』 スペイン/93分/フィクション 音声:スペイン語、アラビア語 字幕:日本語、英語

上映日: 3月6日=17:00-、13日=14:00-、20日=17:00-、27日=14:00-

『サン・ジャックへの道』 フランス/112分/コメディー 音声:フランス語 字幕:日本語

上映日: 3月6日=14:30-、13日=16:30-、20日=14:30-

『13歳の夏に僕は生まれた』 イタリア/120分/ドラマ 音声:イタリア語 字幕:日本語

上映日: 3月27日=16:00-、4月17日=14:30-

『ビフォア・フライング・バック・トゥ・アース』 リトアニア/52分/ドラマ 音声:リトアニア語・ロシア語 字幕:日本語

上映日: 4月24日=17:00-、5月8日=15:30-

『ドゥーニャとデイジー』 オランダ+ベルギー/102分/フィクション 音声:オランダ語 字幕:日本語

上映日: 5月15日=17:00-、22日=14:30-

『善き人のためのソナタ』 ドイツ/137分/フィクション 音声:ドイツ語 字幕:日本語

上映日: 6月5日=17:00-、12日=14:00-

上映は3月~6月までの毎週土曜日です。但し、4/3・10日、5/1・29日、6/19・26日は上映が無いので、スケジュールを必ずチェックしてご来場ください。

もちろん、入場は無料です!予約も不要で先着順で会場に入っていただけますよ。

スペインの欧州メンバーとしての存在感を感じつつ、ヨーロッパの現状へ目を向ける良いキッカケとなると思います。ぜひ、ご来場ください!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

9コメント a «EU映画上映会!»

  1. kitty dice:

    『14キロメートル』見ました。

    日本に日本人として生まれ、日本人として育ってきた私には想像も出来ないくらい
    過酷な生活を強いられている人が世界にはまだまだ沢山いるんだなぁと、改めて思いました。
    ちょっとネタばれ気味ですが、無事に希望の国に着いたとしても、その後平和に暮らせる
    保障はないんだろうし、フィクションとわかっていながらも、彼らのこれからの人生が
    明るくなるよう、願わずにはいられませんでした。

    そんなことからも沢山の方に見ていただきたいと私も思っておりますが、
    音声:スペイン語、アラビア語となっていますが、フランス語が主な音声です。

    これからスペイン語学習の為に見ようと思っている方はご注意ください~。

  2. toko dice:

    kittyさん、
    さっそくのご感想ありがとうございます!どんどんブログに感想を寄せてくださいね!
    皆さんの反応もお待ちしています!

  3. Marysol dice:

    20日の上映会で『14キロメートル』見ました。
    (『サン・ジャックへの道』は、公開時に見ました)

    テーマの扱い方や、ドキュメンタリーと見まちがうほどのリアルな作りもさることながら、アフリカの人々の暮らしぶりや、日本人には想像も及ばない自然の厳粛な美しさに、目を奪われました。
    そして、動物も人間も一緒に旅をする光景に、なんだかカリブ世界の原風景を垣間見たような気がしました。

    映画は、自分が到底足を踏み入れることの出来ない世界を見せてくれるし、“体験”させてくれるのが魅力。

    これからも土曜上映会を楽しみにしています。

    拙ブログでも『14キロメートル』を紹介しました。
    よかったら見てください。

    http://ameblo.jp/rincon-del-cine-cubano/entry-10489885224.html

  4. toko dice:

    Marysolさん、

    感想をお寄せいただいてありがとうございます!本当におっしゃるとおり、「多様な世界を見せてくれて体験できる」というコメントには賛同ですね。
    これからも是非、土曜上映会を満喫してください!そして、素敵なコメント&感想などもお待ちしています!

  5. […] そのほか、EU映画上映会も6月まで開催しているので、是非スケジュールをチェックの上、ご来場下さい! Tagged as: カンタオール, スペイン, スペイン語, スペイン語圏, フラメンコ, 上映会, 映画, EU […]

  6. おやじ dice:

    13歳の夏に僕は生まれた
    見せてもらいました。よかったです。ありがとうございました。
    13歳でなくても現実にうちのめされます。
    自分が当事者でなかっただけなんですものね。

  7. toko dice:

    おやじさん、

    ご感想ありがとうございました。せっかくのこの機会、多くの方にみてもらって、感想を寄せてもらえると、とてもうれしいです!また、映画上映会を楽しんでくださいね。

  8. Mavi dice:

    ドゥー二ャとデイジーを見ました。

    映像やライフスタイルは現代の20代そのもので、文化の違いはあっても人生に対する女性の思いは同じだと親近感を覚えてとても楽しめました。

    英語圏の文化のみならず、もっと、もっとこのような世界中の人々の価値観や文化が深く日本人に浸透していくと、日本もユニークさだけの国から、ヨーロッパやアメリカの大都会のようにコスモポリタンな国になっていけると思います。

    これからもこのような素敵な文化に触れる機会を提供していただけることを期待しています。

  9. toko dice:

    Maviさん、

    コメントありがとうございます!お楽しみいただけたようで、コメントを読んで嬉しくなりました。
    また是非様々なイベントに参加されて、コメントをお寄せ下さい!
    日本もこれから変化していけるように、私たちも身近な所から活動していきたいものですね。

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es