セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

『日本の海に沈んだスペインの宝』

沈没船の宝を探すトレジャーハンターの話は映画やテレビなどで聞いたことがありますが、実は日本でもその可能性が身近にあることをご存知でしたか?「大航海時代」と呼ばれる15世紀~17世紀の間、スペインの船も世界中を航海していました。その船が日本の御宿町で座礁した話はおそらく一度は皆さんも耳にしたことはあるはず。そんなロマン溢れる「宝探し」を皆さんも一緒に感じてみませんか?ドキュメンタリー&トークショーは4月28日(木)19:00からです。見逃さないで!

では、皆さんの記憶を呼び覚ますために、御宿町で起きた「ガレオン船サンフランシスコ号御宿沖沈没事件」を簡単に説明します。

1609年9月に、千葉県御宿町の沖合いでスペインのガレオン船サンフランシスコ号が座礁して、乗組員が海に投げ出され遭難するという事件がありました。その遭難した乗組員を御宿の町民や海女の人たちが救助し、暖かく迎え入れました。その時代、日本ではキリシタンが厳しく迫害されていたのですが、乗組員を救助後に歓迎しただけでなく、乗組員の代表であったドン・ロドリゴ・ビベロは江戸の将軍に謁見し、将軍のはからいで新たな船を調達し、アカプルコへ無事に帰ることが出来た・・・というお話です。

その沈んだガレオン船と共に一緒に沈んだ財宝があるのか?その可能性を探るドキュメンタリーの上映と、世界の海に沈んでいる文化遺産に関するトークが開催されます!

ロマン溢れる世界。想像力をかきたてられますね!

Youtubeで検索してみるとこのテーマに関連するビデオがあって、スペイン語で解説がついてます。

ビデオに出てくる方が、今回のドキュメンタリーの監督のゴンサロ・ロブレド氏です。多くの講演会も手がける同氏の軽快なトークもお楽しみいただけると思います。

Imagen de previsualización de YouTube

ドキュメンタリーに関心がある方も是非ご参加下さい。身近な場所での「宝探し」話や海の文化遺産の話に夢中になること間違いありません♪

日時:4月28日(木)19:00より 地下1階オーディトリアムにて。

ドキュメンタリー上映:日本語字幕付

トーク:日・西同時通訳あり

予約はこちらのページから!⇒クリック

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

2コメント a «『日本の海に沈んだスペインの宝』»

  1. […] まず、上映されるドキュメンタリー作品のタイトルは、『難破船の残した友情』(パチェ株式会社・東京/ 2009 / 60分/日本語字幕)です。前回のブログでもコメントしましたが、監督はジャーナリストでもあるゴンサロ・ロブレド氏です。 […]

  2. […] 4月28日(木)19時より開催される上映会&トークショー『日本の海に沈んだスペインの宝』の実施にあわせて、『イダルゴと侍』展覧会を開催します。御宿の沖合でスペインのガレオン船サンフランシスコ号が座礁したことから始まったスペインと日本の外交の歴史をパネルで分かりやすく説明されています。スペインと日本の外交史を見つめなおす展覧会となることでしょう。 […]

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es