セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

エルビラ・リンド氏、来日講演のご案内

皆さんも書店で、児童書の『めがねっこマノリート』シリーズを目にしたことがあるかもしれません。その著者、エルビラ・リンド氏が来日して講演会を開催します!現代スペイン文学界の第一線を走っている同氏が語る執筆の舞台裏はきっと皆さんの知的好奇心をくすぐる刺激的な講演会になりますよ。セルバンテスでは、10月28日(金)19時より講演会がスタートです♪

日本でも「めがねっこマノリート」シリーズとして知られるキャラクターを生み出した同氏は、ラジオや映画の脚本、演劇作品そしてエッセイも手掛け、新聞・雑誌にも数多く寄稿しているという、まさにスペイン文学界を代表する作家☆

数々の賞を受賞している小説の中で、多くの作品が映画化されていて、そんな彼女が「作品はどのように生まれるのか」、「思いついたアイデアを如何に形にしていくのか」等、執筆の舞台裏について語ってくれます。

日本でも翻訳され出版されているエルビラ・リンド氏の児童書作品。

ちなみに、彼女の最新作は小説『Lo que me queda por vivir』という作品です。この作品はシングルマザーとその息子との生活を綴っていて、彼女の自叙伝的な性格をもつ作品となっています。彼女は自分の息子にこの作品を捧げていて、さらに感動的なのが、デザイナー&イラストレーターである息子さんも母の小説に基づいたビデオ(↓↓)作品を作成して、母であるエルビラ・リンドへ捧げているんです。☆なんとも美談です☆

Imagen de previsualización de YouTube
セルバンテスでの講演会は上記でも告知しましたが、10月28日(金)19時からスタートです。
要予約となっていますので、こちらで予約をしてくださいね!
また関西でも講演会が予定されています↓↓ 
1) 日時:10月24日(月)11:30~12:30 会場:神戸市外国語大学
2) 日時:10月25日(火)15:00~16:00 会場:京都外国語大学

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

1コメント a «エルビラ・リンド氏、来日講演のご案内»

  1. […] その情報はこちらを参考にしてくださいね! Tagged as: あなたのひとこと, アンヘレス・ゴンサレス=シンデ, エルビラ・リンド, スペイン, 文化大臣, 映画, 東京国際女性映画祭 資料請求/お問い合わせ |  Tweet […]

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es