セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

スペイン語でニュース:プラシド・ドミンゴ被災地を思う

世界三大テノール歌手の一人であるプラシド・ドミンゴがスペイン出身だということは皆さんもご存知のとおり。そのドミンゴが来日してコンサートをしていることはご存知でしたか?そのドミンゴのインタヴューが掲載されたEFE通信の記事を読んでみました。

プラシド・ドミンゴ・コンサート・イン・ジャパンより

原文の記事はこちら⇒クリック

タイトルは『Plácido Domingo impresionado con el comportamiento de Japón ante la tragedia』となっています。直訳をするならば、「プラシド・ドミンゴ、惨事での日本の人々の姿勢に感動」とでもなるのでしょうか?

この記事によると、ドミンゴは来日してから余震を体験。滞在先の29階のホテルの部屋はかなりの揺れを感じたそうです。

ドミンゴは福島原発で事故処理にあたっている作業員の方を”verdaderos héroes”と賛辞をおくると共に、今回のコンサートは被災地の方に思いを寄せた会になること、そして震災の影響で避難を余儀なくされている約15万人の避難者の方々のことを思っていることが記事で掲載されています。

世界各国で様々な形で支援や応援メッセージが日本に届けられています。

スペイン語でそんなメッセージを読んでみるのも、良いのではないでしょうか?心が元気になるような気がします。

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es