セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

チリ絵画展『コロニアル時代の女性たち』

秋の足音が近づいたと思ったら、また夏の勢力が力を増して迫ってくる・・・そんな残暑が厳しい今日この頃ですが、秋の完全到来を待たずとも、「芸術の秋」を楽しむことは可能です!今、セルバンテスの2階ギャラリーで開催されている、チリ絵画『コロニアル時代の女性たち』をご紹介します。開催期間は10月15日まで。見逃さないで!

この展覧会は、チリのモンテカティーニ・ギャラリー館長のカルメン・グロリア・マッテイ氏が手がけ、“Arte sin fronteras(国境なきアート)”というチリの現代絵画を紹介するプロジェクトのもと実現した絵画展です。

『コロニアル時代の女性たち』では、植民地時代における女性が果たしていた役割と人物像をテーマに、セシリア・ケサダピラル・リオスクラウディ ア・ペンロスの3人のチリ人アーティストの作品が紹介されています。

展示されている作品は、絵画作品が16点、ビデオ上映が1作品となっています。

カタログ(スペイン語・英語版)もご覧いただけるので、こちらをクリックしてみてください→→ http://bit.ly/qJ6You

チリのアーティストたちの作品はなかなか目にすることは出来ないと思います。この貴重な機会に是非ギャラリーを訪れてみてください。2階のギャラリーではあわせて『ネルソン・ロメロ展』も開催中です。

『コロニアル時代の女性たち』の開催期間は9月16日~10月15日までです。

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es