セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

ニュース:マドリード?東京?五輪2020!

暑い・・暑い!体が溶けそうな毎日ですね。皆さんは夏バテなどはしていませんか?グッタリ・・と思いながらニュースに目を走らせていたら、2020年夏季五輪にマドリードが立候補表明するというニュースが目にはいりました。となると、東京も招致の意志があるというのですから、どちらかになる可能性が?ちょっと目を引く記事はスペイン語で読むのが楽しいので、目を通してみましょう♪

原文記事はこちら⇒クリック

確かに、今回マドリードが立候補すれば3回目連続となります。前の開催地決定の投票の時にも印象的だったのが、マドリード市民は勿論のこと、スペイン全土で五輪招致のために盛り上がっていたこと。こんなに国民の関心度が高いのか・・!と驚いたものです。

ちょっと記事を読んでみましょう↓↓

“No estamos construyendo una utopía. No haberlo conseguido anteriormente no es un argumento que nos niegue la certeza de que podemos lograrlo para el 2020”. Con esas palabras, Gallardón volvió a encender la llama olímpica, una carrera en la que ha tenido mucho que ver la concesión a PyeongChang (Corea del Sur) de los Juegos Olímpicos de Invierno del 2018, en su tercer intento. En esa rotación de continentes se da por segura que la elegida para el 2020 será una ciudad europea. Las rivales de Madrid son Roma y Estambul, pero en el horizonte aparece Tokio y Durban (Suráfrica).

これによると、マドリードへの五輪招致が「夢物語」なんかじゃない!今までに選ばれなかったといって2020年への可能性を否定するものじゃない・・・。と語るガリャルドン市長の熱い言葉がつづられていますね。

先日、冬季五輪に韓国が決定したのも3回目の立候補の後ということもあって、その言葉には力が入っていたそうです。このローテーションで行くと2020年夏季五輪はヨーロッパであろう・・・ということも書かれています。

東京も招致を目指しているということですから、注目のニュースではないでしょうか?

こちら、招致PRビデオです↓↓

Imagen de previsualización de YouTube

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es