セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

ピアノコンサート:21世紀の女性たち

台風が来たとおもったら、急に肌寒くなりましたね。体調管理が難しいこの季節ですが、元気にスペイン語学習&イベントへの参加に励みましょう!今回ご紹介するのは、心も元気にしてくれる「ピアノコンサート」です♪ 開催日は7月29日(金)19時より。一週間のお仕事を終えたら、音楽で締めくくるというのも悪くないと思いませんか?お待ちしています!

エステル・ロポン

エステル・ロポン

今回のピアノコンサートを奏でてくれるピアニストはエステル・ロポン。彼女は、優れた感性を持つアーティストとして高い評価を受けています。

このコンサートではカナリア諸島の新世代の作曲家によるクラシック作品をご紹介しますよ♪

実は近年においてスペイン・カナリア諸島から才能豊かな若い女性作曲家たちが多く輩出されていて、クラシック音楽の世界で広く評価されているのだそうです。だからこそ、このコンサートのタイトルは「21世紀の女性たち」なんですね!

エステル・ロポンの楽曲の解釈、そして卓越した技術、奏でる音の透明感・・・・きっと皆さんをクラシック音楽のすばらしい世界に誘ってくれますよ!

また、今回の面白い取り組みとして、演奏とあわせてスペイン語での俳句の朗読も行われるんです。

俳句朗読の様子

スペイン語で俳句?と思われるかもしれませんが、欧州では結構俳句の認知度も高く、多くの人が俳句を詠んでいます。記憶に残っている人もいるかもしれませんが、欧州連合議長のファン・ロンパイ氏も俳句を詠むことで知られていますよね!

では、本コンサートで詠まれる俳句をご紹介します。こちらがその俳句です↓↓↓

ちょっと画像が小さくて読めないかもしれませんが、当日を楽しみにしててください!

俳句の『短い言葉の中に意味を集約する』という難しい作業をスペイン語でどのうようにされてるのか?スペイン語にかかわっている人ならきっと興味深いはず!

それでは、皆さんの来場をお待ちしています♪

ピアノコンサート: エステル・ロポンによる『21世紀の女性たち』

日時: 7月29日(金) 19時スタート!

会場: 地下1階オーディトリアム

入場無料。ご参加希望の方は予約が必要となっていますので、こちらのページ(クリックで予約されてくださいね!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es