セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

ラテンビート映画祭!!!

急に寒くなったと思ったら、また暑さ復活・・・それでも、今までと比べたら暑さが和らいだ気がしますね。秋の足音が近づいてきたと思ったら、そう、映画の季節です!ラテンビート映画祭です!今年もとうとう開催が近づいてきましたよ♪ 待ちに待ったこの映画祭。思う存分、楽しみたいですね♪

回を重ねることに毎年パワーアップしているラテンビート映画祭。ホームページも情報満載で、Facebookでもフォローすることができるようになっています!

会場は東京、京都、横浜の3箇所。皆さんもお近くの会場に是非足を運んでみてくださいね↓↓↓

東京は毎年恒例の新宿バルト9で、9月15日(木)~19日(月・祝)の間、そして京都は22日(木)~25日(日)@Tジョイ京都にて、そしてそれから関東・横浜に戻り10月7日(金)~10日(月・祝)@横浜ブルグ13です。

上映作品も見ごたえのある作品が揃っています!皆さんの観てみたい作品はどれでしょうか?どれも見逃せない作品ばかり・・・・。個人的には日・キューバ合作のLa novia de Cuba、ゴヤ賞の助演男優賞を受賞しているTambién la lluviaは、見たい作品のひとつですが、アニメーション作品が2つあるというので、それも気になります。Primosのようなコメディ作品で笑うのも良し・・・。時間が許す限り、行ってみようと思います!!

También la lluvia のルイス・トサールは過去のラテンビート映画祭で上映したCelda211でもすっばらしい演技をしていて、それ以来大好きな俳優なので、こうやってまたラテンビート映画祭で作品を観ることができるのは感激です☆

Imagen de previsualización de YouTube

また、映画上映の間に行なわれるイベントが充実しているのも注目です。毎年、監督や出演俳優・女優陣が来日して、トークをしてくれていますよね。映画館という会場の雰囲気の中で、ゲストの存在がとても「近く」に感じられるのが嬉しくて毎年足を運んでいますが、今年はスペインと関わりの深い日本人ゲストのトークイベントもあるということで、さらに楽しみが増えました!オープニング上映作品である日本とキューバ合作のLa novia de Cubaの上演前には、主演の津川雅彦氏も来場するとのこと!

まさに見ごたえたっぷり、パワーアップしているラテンビート映画祭。ラテン映画を映画館で観れるこの希少な機会、皆さんもお楽しみください!!!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

1コメント a «ラテンビート映画祭!!!»

  1. […] ラテンビート映画祭について先日もこのブログでご紹介しましたが、映画祭初日の上映作品でペンディングだったのがありましたね。それがなんと、なんと!アルモドバル監督の最新作、La piel que habitoに決定したということなんです! […]

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es