セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

前衛アート『テンデール・ア・マン』来日:ガリシア語の日。

ガリシア語の日を記念して、アーティスト集団『テンデール・ア・マン』が来日公演をします!

テンデール・ア・マンとは、ガリシア語で「手を差し伸べる」という意味。この公演では、映像、ダンス、コンテンポラリー音楽と詩の融合をお楽しみいただけます。

詩人のヨランダ・カスターニョ、歌手のモニカ・デ・ヌット、ダンサーのブランカ・ノボネイラ、ミュージシャンのイサック・ガラバトス、ヘスス・アンドレスから構成される「テンデール・ア・マン」。前衛的なアートを披露するこのアーティスト集団はスペインでも最も注目度の高いグループのひとつ。

今回来日するのはその中の3名ですが、レベルの高いパフォーマンスをお楽しみ頂けますよ♪

どういうパフォーマンスなのか、Youtubeにアップしている映像でごらん頂けます↓↓↓

Imagen de previsualización de YouTube

公演は5月17日(火)。ガリシア語の日を記念した公演です!

ネット上のニュースでもテンデール・ア・マンの記事を読んだのですが、スペインで行われた記者会見の中で今回の公演について語っていたそう。

「ガリシアの文化の様々な側面をみせることで、その力強さをみせたい」「地域や国境の境を越えたグローバルで視野を広げた公演となる」とのこと。このコメントからは意欲的な公演であることが伺えますね。

なかなか日本にいては触れることがないガリシア語とガリシア文化。その芸術の側面をこの公演で味わってみませんか?

開催日:5月17日(火)19:00~

要予約となっていますので、こちらのページでご予約下さいね!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es