セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

展覧会オープニング記念トーク:ゴヤ

2011/01/07 | イベント | | 1 comentario

『ゴヤが見た戦争』展示会の開催を記念して、展覧会キュレーターであるフアン・ボルデス・カバジェロと、昭和女子大学教授 木下亮氏が、今回の展示会の背景そしてゴヤの人生と作品についてトークを行います。対話の後、カクテル・レセプションを予定しています。1月14日金曜日、18:30より。要予約。

フアン・ボルデス・カバジェロ(キュレーター)

フアン・ボルデス・カバジェロ(キュレーター)

昭和女子大学教授 木下亮氏

昭和女子大学教授 木下亮氏

今回の展覧会で展示される82点の銅版画は、1808年5月2日のマドリード蜂起から始まった対仏独立戦争がテーマとなっています。老画家ゴヤがこの戦争で目撃したものは何だったのでしょうか。次の世代に繋げるメッセージとは?

この記念トークにおいて、本展のキュレーターであるフアン・ボルデス・カバジェロ氏と、昭和女子大学教授である木下亮氏が背景を含めて分かりやすく語ってくれます。

ゴヤの眼と想像力から生まれた『戦争の惨禍』には、極限状態における殺戮、暴行、処刑、飢餓などの凄惨な場面が刻印されています。人間の愚行が繰り返される限り、これは私たちが引き継いでいかなければならない記憶なのです。(木下亮)

「戦争と平和」という私たち人類の課題と向き合うこの機会をお見逃しなく。


講演者:
フアン・ボルデス・カバジェロ(展覧会キュレーター)
木下亮(昭和女子大学教授)

※トーク終了後カクテルレセプションがございます。

日程: 1月14日(金) 18:30~

予約:入場無料、オープニングの参加には予約が必要です。

参加ご希望の方は以下ウェブサイトよりお申し込みください。

http://reservas.palabras.jp/ja/

言語:スペイン語・日本語(同時通訳あり)

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

1コメント a «展覧会オープニング記念トーク:ゴヤ»

  1. […] 今月は、『ゴヤ』に関するトークや映画上映、展覧会オープニングなど「ゴヤ」にまつわるイベントが盛り沢山な月となりますね!そこで忘れてはならないのは、画家のゴヤの名前が付いている『ゴヤ賞(Premios Goya)』です!スペイン時間の13日昼に今年のノミネート作品が発表されました。 […]

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es