セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

展覧会:ゴヤが見た戦争・・・見てきました。

本日、1月14日(金)にオープニングを迎える展覧会、ゴヤが見た戦争:版画集『戦争の惨禍』と報道写真を観てきました。これは言葉を失う程の衝撃的な展覧会です。ゴヤの作品が82作品も展示されるのは日本初ということ!無料で開放しているということも類を見ない、というか有り得ない価値のある展覧会です。この機会をお見逃しなく!

ゴヤの作品からは、戦争の残虐さ、空虚さ、悲惨さ、叫び・・・それがビシビシと伝わってきて、目をそらしたい・・・。そんな気持ちになってしまいました。でも目を逸らすことは出来ないのです。それは戦争の残酷性から私たちが視線を外してはいけない、ということでもあり、また、ゴヤの作品からは「目を逸らせない何か」を感じるからだと思います。

会場の内装は黒で統一され、照明を落とした中に82作品が整然と並べられています。解説のキャプションもスペイン語と日本語で付いていて、分かりやすい構成となっています。ゴヤの作品を「フォトジャーナリストの先駆者」と位置付けた今回の展覧会は、彼の作品と一緒に現代の戦争写真・映像が展示されていて、会場を出るときには言葉が出ませんでした。

作品や映像で残された戦争の様子というのは、「記録された過去」であると同時に、世界のどこかで発生している「今」でもあるわけです。コンビニに行けば何でも手に入り、平和が当たり前の生活をしている私にとって、目に入れてこなかった現実を突きつけられて、考えさせられるきっかけとなりました。

このような展覧会が無料で一般公開されているとは考えられないこと。作品を見逃さないという意味でも、そして現代の抱える紛争と平和を考えるためにも、多くの方々、特に若い世代の方々に見ていただきたいと感じました。

是非足を運んでみてください。お勧めです。

日程:1月14日(金)より。

月曜~土曜 10:00~20:00、日曜10:00~14:00

1月14日は18:30よりオープン

予約:入場無料、予約不要

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es