セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

村上春樹氏がカタルーニャ国際賞受賞!

スペインでの作家・村上春樹さんのブーム旋風はやむところを知らないようです。今日のウェブ上でのニュースでは「村上春樹氏、カタルーニャ国際賞2011を受賞!」という文字がスペインの報道を賑わせています♪ スペインでは1Q84もとても人気を博しているようですよ。
さて、この『カタルーニャ国際賞』ですが、カタルーニャ州政府が1989年から毎年主催している賞なんです。

ちなみにその賞に関する州政府のHPはこちら⇒クリック

本年の授賞式は本日、6月9日で、アルトゥール・マス州政府首相が授与するとのこと。

El País紙の記事はこちら⇒クリック

この記事によると、村上氏が東洋と西洋の「文学の架け橋」となったことが評価されたそうですよ。

カタルーニャ国際賞の審査員は科学、経済、芸術、文化の各界で活躍する知識人で、「文化、科学、人文科学分野の価値の発展のための意欲的・創作的活動が評価された人」に対して授与される賞なんだそうです。ちなみに、この賞、毎年1人だけにしか贈られないそうです。なので、今年は候補者が56カ国、225団体から推薦を受けた196人の中から村上氏が選ばれたんだそう。すごいですね!

また、賞金として8万ユーロとアントニ・タピエスの彫刻作品『La clau i la lletra』(カタラン語なのですが、これLa llave y la letraですね。鍵と文字の意味)が贈られるということで、この彫刻作品がこの上↑の写真です。なんだかとてもおしゃれな作品。

ということで、国境を越えて文学が世界を結びつける・・・そんな心温まるニュースでした♪

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es