セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

3月の土曜映画上映会『ウィスキー』

そろそろ花粉症の季節ですが、ブログ読者の皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

さて3月の土曜映画上映会はウルグアイ映画『ウィスキー』をご紹介いたします。

Whisky

『ウィスキー』

あらすじはこちら↓

ウルグアイのさびれた靴下工場。経営者ハコボの下で、中年女性マルタが助手として働いている。二人は一緒に仕事をしていても、必要な会話を交わす以上の関係になることはなかった。しかし、弟エルマンの久しぶりの帰国が、彼らの生活を変えていく。ハコボは弟が滞在する間、マルタに夫婦の振りをして欲しいと頼み、ほとんど他人同士の三人のぎこちない共同生活が始まる。

本作品は日本で劇場公開された初のウルグアイ映画です。

同国の映画の誕生は1890年代と歴史が古く、これまでに約60本の映画が公開されています。同国の映画産業はあまり盛んではなかったようですが、『ウィスキー』の監督・脚本家を務めたフアン・カルロス・レベージャとパブロ・ストールが2002年に初の長編作品『25ワッツ』を発表し数々の国際映画祭にて賞を受け注目されてからは、年間1、2作のペースで制作が続けられているようです。日本で公開されたその他のウルグアイ映画としては、毎年秋に行われているラテンビート映画祭で紹介された『法王のトイレット』、『大男の秘め事』などがあります。

なおセルバンテス文化センター東京6階にあるフェデリコ・ガルシア・ロルカ図書館では、上記の『25ワッツ』が蔵書としてライブラリーに加えられています。これを機にウルグアイの映画を見てみるのはいかがでしょうか!?

3月の土曜映画上映会
『ウィスキー』
フアン・パブロ・レベージャ、パブロ・ストール監督/ウルグアイ=アルゼンチン=ドイツ=スペイン/2004年/94分

日程:
3月5日(土)14:30~
3月12日(土)17:00~
3月19日(土)14:30~
3月26日(土)17:00~

会場:
セルバンテス文化センター東京
地下1階オーディトリアム

予約:
入場無料、予約不要、先着順

言語:
スペイン語(日本語字幕付)

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es