セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

7月スタート展示会のお知らせ

7月に始まる展覧会のことを少しだけご紹介します♪ 今回はスペインでも絶大な人気を誇るアーティスト、堀越千秋氏の作品が並びます。『わが腸(はらわた)のスペイン』と題したこの展覧会。オープニングは7月26日(火)19時です!

堀越千秋氏のプロフィールはこちらです↓↓↓

1948年東京生まれ。東京芸術大学油画専攻。終了後スペイン政府給費留学生として1976年に渡西。世界各地で個展。武満徹全集(小学館)装画(経済産業大臣賞、ライプチヒ世界で一番美しい本展日本代表)ロンダ氏カンテコンクールで名誉賞。フジロックフェスティバル出演。著書に「絵に描けないスペイン」など。現在全日空機内誌「翼の王国」表紙連載中。

また公式ホームページはこちら→ http://www.chiakihorikoshi.com/

【展覧会情報】

『堀越千秋展:わが腸のスペイン』

思えば僕は誰だろう?絵描きといえば、正に絵描きである。青雲の志を抱いてスペインに渡り、以来35年絵だけを描いてきた。しかし、コンセプトも展望もポリシーもない。輝かしい過去もないし、明るい未来もない。行き当たりばったりだ。祖父は四条円山派の日本画家、父は油絵描きであった。だから、と言って絵は描けない。見えるものを、最善を尽くして描くばかりである。見える、とは何か?網膜に映った倒立像を、奥の方で眺める人がいるだけのことだ。スペインで覚えたカンテを唄ったり、下手な文を書くのも、見えたものを言っているばかりである。合掌でもするほかはない。

本展覧会では、70年代後半から今日に至るスペインでの代表的作品30点ほどを20年ぶりに展示します。加えて現在仮寓している埼玉の山中での、舞台美術、陶芸、茶室などの幅広い制作を紹介します。

オープニング:7月26日(土)19:00~

会期: 9月10日(土)まで 月曜~土曜10:00~20:00、日曜10:00~14:00

会場:2Fギャラリー

予約:入場無料、オープニングへの参加には予約が必要です。

参加ご希望の方はこちらウェブサイトよりお申し込みください→ http://reservas.palabras.jp/ja/

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

1コメント a «7月スタート展示会のお知らせ»

  1. […] 以前、このブログでもお知らせしましたが、とうとうスタート致しました!待望の『堀越千秋展:わが腸(はらわた)のスペイン』。 […]

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es