セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

スペイン+メキシコ合作映画:アカデミー賞ノミネート!

寒さが厳しい毎日・・・。でも2月は映画ファンには楽しみな月ですね!そう、アカデミー賞の授賞式です!今回のノミネート作品を既にチェックしている方が殆どだと思いますが、スペイン+メキシコ合作の『Biutiful~ビューティフル~』もノミネートされていますよ!El País紙(電子版)にもそのニュースが取り上げられていますので、読んでみましょう♪

El País紙(電子版)より

さて、掲載記事はこちら⇒クリック

今回でアカデミー賞3度目のノミネートとなるJavier Bardem。先日、同じくスペインを代表する女優のペネロペ・クルスとの間にお子さんが生まれたばかりということで、嬉しいニュースの連続ですね。

エル・パイス紙によるとハビエル・バルデムのコメントは以下のとおり:

“Es un honor haber sido nominado en una interpretación en lengua no inglesa y en nombre de todos mis colegas en España y en el mío propio, quiero mostrar mi gratitud” (直訳するとこんな感じでしょうか?⇒非英語による演技でのノミネートとなった事はとても光栄なことです。私と、そしてスペインの仲間を代表して感謝の意を述べたいと思います。)

映画の予告編↓↓

Imagen de previsualización de YouTube

この作品はアカデミー賞だけでなく、ゴヤ賞もノミネートされていますね!

そして、監督をしたのは『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(メキシコ出身)です。

この作品は日本でも初夏に公開されるようですよ。オフィシャルサイトはこちら⇒Biutiful ビューティフル公式サイト

ちなみに、ハビエル・バルデムとアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの過去の作品6階の図書館にもあります!

フェデリコ・ガルシア・ロルカ図書館(6階)にある作品:

Bardem:
・Las edades de Lulú (1990)
・Jamón, jamón (1992)
・Carne trémula (1997)
・Los lunes al sol (2002)
・Mar adentro (2004)
・El amor en los tiempos del cólera (2007)

González Iñárritu:
・21 gramos (2003)
・Babel (2006)

是非、この機会に図書館を活用して、アカデミー賞の発表に備えてみてはいかがでしょうか?

2月27日、アカデミー賞授賞式が楽しみです♪

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

1コメント a «スペイン+メキシコ合作映画:アカデミー賞ノミネート!»

  1. […] This post was mentioned on Twitter by miyuki tabei, 瓜谷 望. 瓜谷 望 said: [スペイン+メキシコ合作映画:アカデミー賞ノミネート]http://palabras.jp/2011/biutiful/ […]

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es