セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

Los Reyes Magosの日。

皆さんはLos Reyes Magosの日というのを聞いた事はありますか?日本語に直訳すると『東方の三博士の日』というのですが、スペインではプレゼントをクリスマスではなく、この日に貰うんですね。

簡単に説明すると、この東方三博士というのは、イエス・キリストの誕生を星に導かれて1月5日の夜に贈り物をもって到着した博士達。それにちなんで、スペインでは5日の夜から6日の朝にかけてプレゼント交換をするそうです。子ども達にとっては、待ちに待った日なんですね♪

留学時代の記憶でも5日の夜には大きなパレードがあり、東方三博士に扮した人たちが路上の子ども達に向かってキャンディーなどをバラまいていたり、夜遅くまでデパートのギフトコーナーが開いていたりと、活気に溢れていたことを覚えています。

子ども達はサンタクロースにプレゼントのお願いの手紙を書くのではなく、勿論この三博士に宛てた手紙を書くそうです。そして、良い子にしていた子にはプレゼントは届くのですが、悪い子にしていたら何と「炭」しか貰えないとのこと。留学時代には「Carbónを貰う」という説明を聞いて、耳を疑って辞書を引いたものです。炭を貰わない為に必死で良い子にならなくては!ということでしょうか?

そして、このレジェス・マゴスの日に食べるスイーツが「Roscón」と呼ばれるパン。この時期にはパン屋さんにずらっと並ぶパンです。

クリーム入りだったりとバリエーションは数少ないながらもあるようですが、基本は円形の少し甘めのパンにカラフルなドライフルーツがのっています。これを皆で分け合って食べます。ちなみに、このパンの中には東方三博士を象った小さな人形が隠されていて、その人形が当たった人はSuerteがやってくるそうです!

この日が終わるまではクリスマスムード一色のスペイン。長いクリスマスですね♪ 頑張ってスペイン語を勉強している皆さんにも今夜、東方の三博士からプレゼントが届いているかも?炭じゃないことを願っています・・・。

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es