セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

キューバ映画上映会

 

今週末のイベントのご予約はお済みですか?10(木)~12日(土)までキューバ映画上映会を開催します。ラテンアメリカ諸国の中でもすぐれた映画の数々を制作しているキューバ。そこで生まれた新旧名作そして日本未公開作品も含めなんと一挙に6本の上映です!

上映会の皮切りは「カサ・ビエハ」のレスター・ハムレット監督とキューバ研究家の進藤通弘氏のトークショー、そして「カサ・ビエハ」の上映です。

Imagen de previsualización de YouTube

キューバというと少ない資金で制作された芸術価値の高い映画を紹介するキューバ低予算映画祭も知られていますが、近年国際的なインディペンデント映画界でも注目を集めています。レスター・ハムレット監督はキューバ低予算映画祭のディレクターでもあるのです。トークショーでは自身の作品、キューバ映画界とその成功の秘密を語ってくれるでしょう!

気になる他の上映作品はキューバ映画黄金時代を代表する「低開発の記憶」、社会派コメディの「バスを待ちながら」、「グァンタナメラ」、そして「永遠のハバナ」、日本初公開「ハバナステーション」です。言語はスペイン語ですが英語や日本語の字幕がつきます。「永遠のハバナ」、「低開発の記憶」、「バスを待ちながら」は日本で上映されたので観たことがある人もいるかもしれないですね。でも異なる環境や状況で改めて映画を観てみると感じ方や印象が変わること・・・ありませんか?是非この機会にキューバ映画をお楽しみください!

通常の土曜の映画上映会と異なり、全ての回毎に予約が必要になりますのでご注意ください。既に予約受付終了、また満席の為立ち見での予約受付という作品もありますのでご予約はお早めに!

プログラムの詳細はこちら

ご予約はセルバンテス文化センター東京のウェブサイトイベント予約ページから

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es