セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

スペインと日本の知られざる(?)関係!

先日の読売新聞(夕刊)に、『サムライの末裔?スペインのハポンさんDNA鑑定』というニュースに目を奪われてしまいました!スペインに「ハポン」という姓があるということを皆さんは御存知でしたか?

スペインのコリア・デル・リオにある支倉常長像

実は、私も以前に「スペインの小さな町の住民にハポン姓が存在する」という話は聞いたことがありましたが、その時は「へぇ~」と流して終わってしまいました。

 

しかし!このニュースによると、流して終わる話じゃなかったんですね。日本とそのハポン姓の方々とのつながりを調べる「共同研究チーム」が大学と国立遺伝学研究所などで立ち上げられて、実際に血液採取、DNA鑑定をするということですから・・・!

 

このスペインの小さな町とは、コリア・デル・リオ(Coria del Río)というセビージャの近くの町。支倉常長が率いる慶長遣欧使節団がスペインを出るときに滞在した町といわれています。日本との友好の歴史はその400年前まで遡るんですね!

 

その繋がりもあり、この町には支倉常長像や鳥居がある公園があり、さらにはコリア・デル・リオ市役所(Ayuntamiento)のページには『Historia del apellido Japón』というページも存在するくらいです。

 

400年前までDNAをたどって遡るだなんて、歴史ロマンを感じてしまいます!

 

2013年~2014年にかけて、その慶長遣欧使節団派遣400周年を記念して、『日本におけるスペイン年』、そしてスペインでも『スペインにおける日本年』という記念事業が開催される予定となっているそうです。

 

『ハポン』姓から広がる歴史のロマンもそうですが、これからの日本とスペインの交流イベントも注目です☆

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

2コメント a «スペインと日本の知られざる(?)関係!»

  1. エメ dice:

    Coria del Rio在住です。
    私も先日このニュースを読んでワクワクしてしまいました。
    400年もの月日が経って、サムライとの血縁が証明されたら本当に凄いですね!!
    結果がとても楽しみです。

  2. toko dice:

    エメさん、コメントありがとうございます!本当にワクワクする夢のある話ですね。歴史のロマンに酔いしれます!結果がでたらまたメディアで報道されるのでしょうね。ニュースが楽しみです♪

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es