セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

ホセ・メルセのニューアルバム“Mi única llave”

スペインからフラメンコ関連のニュースが届きました!

1955年に通称「フラメンコ地区」と呼ばれるへレス・デ・ラ・フロンテーラ(Jerez de la Frontera)のサンティアゴ(Satinago)地区で生まれたホセ・メルセ(José Mercé)。10月末にニューアルバム“Mi única llave”発売します。

新しいアルバムを一言で表すと「21世紀のフラメンコ。まじめながら節度があり、深い」と語っています。意味を理解するには聴いてみるのが一番なのでは。

このアルバムをプロデュースしているカンタオール、ハビエル・リモン(Javier Limón)は「このアルバムは2つのパートに分けられる。前半はタンゴ、ブレリアの昔ながらのフラメンコ、後半はもっと文化的。カマロン(Camarón)やモレンテ(Morente)といったところかな」と語ります。

ホセ・メルセ自身も「80年代のフラメンコというより国際的で革命的」と付け加えています。

1968年のデビュー以来、17枚のアルバムをリリース、過去15年間で60万枚以上もの売り上げを記録。世界を代表するカンタオールのニューアルバム、乞うご期待!

動画を観ながら発売日を楽しみに待ちましょう。日本でも購入できるといいですね。

 

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es