セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

ルイス・ブニュエルとセグンド・デ・チョモンの作品を上映!火曜日は無声映画を

28日の無声映画、お楽しみいただけましたでしょうか?残念ながら見逃してしまった方、「火曜日は無声映画を」第2回目の開催は9月4日(火)、上映作品はルイス・ブニュエル『アンダルシアの犬』、そしてセグンド・デ・チョモンの『幽霊屋敷』と『アンダルシアの迷信』です!

 

 

『アンダルシアの犬』は親友で画家のサルバドール・ダリとの共同作品でブニュエルの初期の時代に製作されました。

観たことのある人の感想は様々ですが、今回はメキシコ自治大学でブニュエルやメキシコ映画を研究し、現在は東京フィルメックス実行委員会に務める金谷 重朗氏による映画紹介後に、ご覧いただきます。映画への理解が深まりそうです!

続けてスペインのジョルジュ・メリエスと言われている無声映画の先駆者セグンド・デ・チョモンの『幽霊屋敷』、『アンダルシアの迷信』2作品を上映。

1回目に続き、ピアノの生演奏もありますよ。演奏はチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院で学び、東京文化会館やオペラシティなどでコンサートを開いているダニエル・クーヤヴェツ氏。

今回もお見逃しなく。ご予約はこちらから。

「火曜日は無声映画を」のパンフレットはこちら

 

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es