セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

出版発表会 アンドレス・パスカルと『El haiku de las palabras perdidas』

4月5日(木)にスペイン人作家、アンドレス・パスカルの最新作出版『El haiku de las palabras perdidas』を記念して講演会を開催します。

スペイン人作家と日本の俳句、どんな関連性があるのでしょうか?

アンドレス・パスカルはスペインワインの生産地としても有名なリオハのログロニョ生まれ。法律を勉強し、1992年からリオハで弁護士として働いています。エチオピア、レバノン、ブータン、ベトナム、ペルー、日本など4大陸、世界中を旅行した体験やそこから得たインスピレーションが彼の作品に影響を与えているそうです

作家のホームページ(http://www.andrespascual.com/ スペイン語・英語)でも紹介されているように、長崎と東京を舞台に2つの異なる世代の物語が交錯し、予期せぬ結末を迎える展開。作家本人から日本への旅行が与えた影響、この物語の魅力、物語が何故生まれたのかという背景を聞いてみませんか。

聞き役には同じく作家であるエクトル・ガルシア。エクトル・ガルシアといえば昨年セルバンテス文化センターでも講演会を開催し、多くの方にご参加いただきました。

エクトル・ガルシアの日本を紹介するホームページ http://www.kirainet.com/categoria/guiajapon/スペイン語)

外国人の観点から日本をみつめてみると、普段の生活では気付かないことなど新しい発見があると思います。

そして、講演後にはカバでのレセプション、及びVenturGalaによるこの日だけの特別マジックショーを予定しています。

この機会に是非セルバンテス文化センターでの講演会にお越しください。

予約方法・詳細は下記をご覧ください。

【講演会詳細】

出版発表会 アンドレス・パスカルと『El haiku de las palabras perdidas』

日程: 2012年4月5日(木)19時から 

会場: セルバンテス文化センター東京 地下一階オーディトリアム

入場無料 

予約はこちらから→ http://bit.ly/GJuf5A

その他の今月のイベントはこちらから→ http://reservas.palabras.jp/ja/

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es