セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

国際漫画賞最優秀賞を日系スペイン人アーティストが受賞!

スペインの漫画・アニメが熱い!今回、スペインのアーティストが第5回国際漫画賞(外務省主催)で最優秀賞を受賞しました!おめでとうございます☆受賞したのは、マドリッド出身のアーティストホセ・マリア・ケン・ニイムラ氏!以前、こちらのブログでも別のスペイン人作家が文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞というニュースをご紹介しましたが、今、スペインの漫画・アニメのレベルが高い評価を受けています☆

日本のサブカルチャーが世界で浸透し、こういった形でスペインのアーティストが高評価を受けて活躍されているニュースを見ると、とても嬉しくなってきますね!今回の受賞のニュースは勿論スペインでも報道されていますよ!

最優秀賞を受賞したのは、『ジャイアントキラー』(スペイン語題:Soy una matagigantes)と題された作品。Joe Kelly氏(米国)の脚本をもとに、スペインのアーティストホセ・マリア・ケン・ニイムラ氏が手掛けました。スペイン人の母、日本人の父をもち、マドリッドで育った という同氏。拠点をマドリッドとカナダのモントリオールに置き、マルチに活躍しています!

同作品はスペインのNorma Editorial出版から発行されています。内容は、妖精や小人、巨人などを見ることができる特別な能力をもった少女のストーリーだそう。おもしろそうですね!

JMケン・ニイムラ氏のイラストを見てみたい方は、是非彼のオフィシャルサイトを覗いてみてください⇒クリック

また、今回の国際漫画賞の受賞作品は、外務省HPでも発表されています⇒クリック

スペインのアニメ・漫画パワーがこうやって評価されて知られていくのはとても嬉しいこと。以前、文化庁の賞を受賞したパコ・ロカ氏の作品をアニメーション映画にした『皺(しわ)』の上映会もセルバンテスで来る2月23日(木)に開催されます。ますますスペインのアニメ・漫画パワーに注目です!!!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

3コメント a «国際漫画賞最優秀賞を日系スペイン人アーティストが受賞!»

  1. noboru hishikawa dice:

    見ていて心が和むだけでなく、優しい気持ちにさせる絵ですね。それでいて何かわくわくさせるような躍動感もあり、一目見て好きな絵だと感じました。
    ストーリーがついたものもぜひ見たいです。

  2. toko dice:

    コメントありがとうございます♪そうですね、絵もとても素敵です。こうやってアーティストが国を超えて活躍するニュースには元気を貰います!

  3. […] 今年の2月に開催された第5回国際漫画賞(外務省主催)で最優秀賞を受賞したのが日系スペイン人アーティストというのは以前にブログでも紹介しました。 […]

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es