セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

展覧会  「ビジュアル・アンソロジー メキシコ造形美術の軌跡」のご案内

メキシコ大使館からのご案内です。35人の画家、8人の彫刻家の作品他、写真、ビデオ、インスタレーションといったメキシコの豊かな造形美術が一挙公開されるまたとない機会です!どんな画家の作品が展示されるのかというと・・・

 

都会の風景、あるいは雪かき
ディエゴ・リベラ

メキシコ国立美術学校の代表的作家ディエゴ・リベラ、20世紀半ばの抽象画家アントニオ・ロドリゲス・ルナ、グンター・ゲルソー、シュルレアリズムの画家レオノア・カリントン、「断絶の世代」のホセ・ルイス・クエバス、60年代のペドロ・フリーデルバーグ。

更にはオアハカ州のマジックリアリズムとして知られる運動に関わった画家、ネオ・メヒカニズムに属する画家の作品なども。

近年の画家からはグラシエラ・イトゥルビエ、ヨランダ・アンドラエなど。

お見逃しなく!

 開催概要

タイトル: ビジュアル・アンソロジー メキシコ造形美術の軌跡

日時: 8月7日(火)~8月31日(金)  10:00~17:00 (土・日休館)

会場: メキシコ大使館 エスパシオ・メヒカーノ  http://www.sre.gob.mx/japon/

※会場は多目的ホールの為、他のイベント開催時には入場できない場合もございます。観覧ご希望の方は事前にメキシコ大使館(03-3581-1131)までお問い合わせください。

住所: 東京都千代田区永田町2-15-1

アクセス方法:  地下鉄 丸の内線、銀座線「赤坂見附」駅ベルビー赤坂方面より徒歩5分

半蔵門線、有楽町線、南北線「永田町」駅A6 出口より徒歩5分

 

 

 

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es