セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

庭野平和賞のロサリーナ氏来館!

先週、セルバンテス文化センター東京に素敵な方がご来館してくれました☆庭野平和賞を受賞したグアテマラ共和国出身のロサリーナ・トゥユク・ベラスケス氏です♪キューバ映画上映前には、当センターのウガルテ館長からも皆さんにご紹介させて頂きましたが、こちらのブログでもロサリーナ氏をご紹介したいと思います。

ロサリーナ・トゥユク・ベラスケス氏はグアテマラ共和国のご出身。

マヤ・カクチケル部族の農村で生まれました。15歳という若さで農村女性の識字率向上のための教育グループに参加し、23歳で准看護師の資格を取得したそうです。

グアテマラでは60年代~1996年まで内戦が起こっていました。ロサリーナ氏ご本人も国内避難民であったそうです。そして80年代には父、夫を内戦で失います。

内戦で家族、伴侶を失った方々が多くいるという状況下で、ロサリーナ氏は1988年にCONAVIGUA(コナビグア~連れ合いを奪われた女性たちの会)という人権団体を設立しました。先住民の権利保護、女性の政治参加及び社会的地位の向上、そしてグアテマラ内戦終結後は内戦被害に対する補償要求など、様々な活動を行っています。

今回、その非暴力平和運動の活躍が認められ、第29回庭野平和賞が授与されることとなり、来日していたんですね。

  庭野平和賞について⇒http://www.npf.or.jp/index.html

上記の写真はセルバンテスに来館したときにLibro de honorにサインとメッセージを寄せていただいた時に写した一枚です。

グアテマラでの平和活動が海を越えて日本で表彰されるという素敵なニュースでした♪

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es