セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

現代美術家のアントニ・タピエス氏死去

訃報です。欧州現代美術界の巨匠の一人とよばれたスペインの現代美術家、アントニ・タビエス氏が昨日2月6日、バルセロナで亡くなりました。88歳でした。

体調が芳しくなかったといわれていたタピエス氏。スペインでは同氏の死去が大きく報道され、追悼記事がネット上でも多く掲載されています。そのうちの記事のひとつですが、数ヶ月前のインタヴューでも名言を残していたようです。

彼が言ったのは、“Es muy importante compensar el dolor con el amor. Y ese equilibrio te hace ver la vida con optimismo“・・・『痛みを愛情で埋めることが重要なのだ。そしてそのバランスが人生を楽観的にみせてくれるのだ』と。なんだか心に染みてくる言葉です。
アントニ・タピエス氏はバルセロナ生まれ。彼の作品は世界中の芸術、特に芸術、特に絵画、彫刻、版画の分野に多大なる影響を与えたといわれています。90年代初めにはカタルーニャ美術館に、穴の開いた高さ3メートルの靴下のオブジェを展示して話題を呼びました。

Imagen de previsualización de YouTube

同氏には、90年に日本美術協会から高松宮殿下記念世界文化賞が贈られていて、96年には日本で巡回回顧展が開かれたこともあり、日本をはじめ世界中で愛された偉大なる芸術家でした。ご冥福をお祈りいたします。

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es