セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

3月の「土曜日は図書館で」:アントニ・タピエス

20122回目の「土曜日は図書館で」はスペイン出身の画家アントニ・タピエスの人生と作品に迫ります。

2012
26日にバルセロナで没したタピエスは20世紀の偉大な芸術家のうちの一人です。40代始めより画家として活躍し始め、次々と多様なスタイルで造形作品を生み出していき、世界中でも、特に日本で評価を得ました。「土曜日は図書館で」では、強烈かつ独特な思索スタイルで現代美術に大きな足跡を残した芸術家に敬意を表しながら、タピエスの人生をたどります。

 
 

Copyright TAPIES ANTONI 1923-2012. (SIN IDENTIFICAR). Fine Art. Encyclopædia Britannica Image Quest


「土曜日は図書館で」の参加の前に、タピエスについてアントニ・タピエス財団 のウェブでも調べられます。

「土曜日は図書館で」は決まった形式はなく、視聴覚資料を活用しながら、スペイン語圏の著名人の傑出した人生やその作品世界を紹介するイベントです。「土曜日は図書館で」 アントニ・タピエスは3月10日(土)11時、図書館のイベントスペースで開催します。

フェデリコ・ガルシア・ロルカ図書館では取り上げて欲しい著名人のリストを用意しておりますので、興味のある人物のリクエストをお待ちしております。

言語:スペイン語。
予約はこちら

 

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es