セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

7/11 講演会 「都市のための水」

日々の生活に欠かせないお水。蛇口をひねって出てくるお水を安全なものとして当たり前のように使い、夏になれば海、湖や川で遊んでいたという人も多くいるでしょう。当たり前のようなことが、世界に目を向けてみると、また日本国内でも問題や課題を抱えている場所もあります。スペイン人・日本人の水環境問題の専門家3人の方々の貴重なお話を聞くことができる講演会です。一体どんな方々のお話を聞くことができるのでしょうか。

 

講演会は南アフリカ最大の湖『ビクトリア湖』が直面する問題を取り上げたドキュメンタリー上映で始まります。固有種が生息し、ダーウィンの箱庭とも呼ばれているビクトリア湖で一体何が?遠いアフリカの地ですが決して他人事ではありません。

続いて3人の専門家の方々の登壇と続きます。

まずは

ホセフィナ・マエツ氏

(国連水関連機関調整委員会-コミュニケーション促進10年事業(UNW-DPAC)コーディネーター)

人口増加や開発がすすむ一方で汚染や環境問題など世界が抱える都市における水問題について発表します。

続いて

竹村公太郎氏(日本水フォーラム事務局長) http://www.waterforum.jp/jp/home/pages/index.php

日本水フォーラムは水問題に関する政策提言、草の根活動支援、日本の技術を世界へ発信などの活動展開。

最後に

吉村和就氏(グローバルウォータ・ジャパン代表) http://gwaterjapan.com

多くの著書、専門誌への寄稿、そしてテレビ番組などで水問題について分かりやすくお話ししています。

最近では特集“地下水は誰のもの”というテーマでテレビ東京「ワールド・ビジネス・サテライト」に出演。

こんな素晴らしい専門家の方々のお話を聞くことができる、滅多にない機会です!

ご予約はこちらから   http://bit.ly/QZgPWs

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es