セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

講演会「マリア・パヘスとの出会い」が開催されました

 

2013年1月29日、現代フラメンコ界最高のダンサーとの呼び名の高い
マリア・パヘス氏が5月に行なわれる自身の公演のプロモーションのため来日、
セルバンテス文化センターで講演会が行なわれ、たくさんのファン、プレスの方に
ご来場いただきました!

今回の公演「ユートピア」では、世界が迎えている様々な危機を前に、
アーティストとしてできる役割を表現したい、という気持ちからつくられたとのこと。
Soy una artista comprometidaという言葉が印象的でした。

Comprometidaは辞書的には政治的態度を明らかにした、という意味ですが、
社会とのつながりを認識し、アーティストとしてそこに何を還元できるのかをつねに自覚している
彼女のあり方にとても共感を覚えました。
それでいて決して肩肘を張らない自然なありかたを見れば、日本で女性ファンの心を
しっかり掴んでいる理由がわかりますね!

自分がそこに何を16歳ではじめて来日してから、日本はどの国もよりも来日公演数が多い国とのこと、
今回の洗練された衣装への和の影響についても言及がありました。

マリア・パヘス氏は2008年セルバンテス文化センター東京のオープニングで
ステージを披露していただいたこともある、関係の深いアーティストです。
また、当時のセルバンテス文化センター会長、料理界のカルメ・ルスカイェダ、
そして映画監督イサベル・コイシェをという(超豪華!)セレブリティスペイン人女性
4名を招いた講演会に出演いただいたこともあるんですよ。

ますます来日が楽しみです!

マリア・パヘス舞踊団「ユートピア」
2013年5月18日(土)、19日(日)
東急Bunkamuraオーチャードホール

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

関連リンク

フラグ

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es