セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

スペイン国立舞踊団の若き芸術監督、アントニオ・ナハーロ氏講演を開催

スペイン国立舞踊団の若き芸術監督、アントニオ・ナハーロ氏講演を開催

2月8日(金)セルバンテス文化センターに、6日間の公演を終えたばかりの
芸術監督アントニオ・ナハーロ氏をお迎えして、お話をうかがいました。

今回6年ぶりの来日を果たしたスペイン国立舞踊団は、AとBふたつプログラム
を公演、セビリア組曲から、ホタ、ボレロと幅広いスペイン舞踊を楽しませてくれました。

来日したダンサーは50名近いそうですが(!)、ステージに所狭しと並んだダンサーが
一糸乱れぬ動きを見せながら、個を失わない壮大なセビリア組曲は圧巻でした。

トークでは、アントニオさんもダンサーとして自身の舞踊団を立ち上げた時の苦労話や、
国立舞踊団で目指すものなどを、言葉を選びながらもよどみなくお話いただきました。
その様子から人柄の真面目さと内に持つ熱いダンスへの思いを感じることしきりでした! 

ソルトレークシティ冬期五輪のために振付けたアイスダンス、アニシナ&ベーゼラの
タンゴ・フラメンコが金メダルを受賞したことから注目され、仕事の依頼が相次いだ
と伺い、思わずYOUTUBEで探してしまいました…。
…と、さすがキレのある、アントニオ節たっぷりの魂のこもったフラメンコがそこにはありました!

2007年ステファン・ランビエールに振り付けたフラメンコ(曲はビセンテ・アミーゴ!)
も素敵です!
http://www.youtube.com/watch?v=LDNXgzKHT9I

また早く日本に戻ってきてもらいたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

関連リンク

フラグ

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es