セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

クエンカスペイン語留学日記3

クラスの様子。みんな明るくてよくしゃべります!

クラスの様子。みんな明るくてよくしゃべります!

クエンカスペイン語留学日記3
さて、われらがクエンカ留学生の2人は彼の地で勉学に励んでいるのでしょうか?
クラスはどんな感じ?アクティビティは?ホームステイは?
知りたい気持ちは募りますが、まずはクラス風景からみなさんにご報告します。
—————————————————————————–

(Marikoさんからのレポート)
とても楽しい雰囲気で、勉強しています(上記写真参照)。 クラスメートはオーストリア人とイギリス人です。

初日には、それぞれの国の料理のレシピを発表しました。

翌日はトルティーヤとパエリアを作りました。
グループにわかれて、じゃがいもや玉ねぎ切ります。
トルティーヤはひっくり返すのが難しく、失敗のグループもありましたが、
みんなで、楽しく美味しくできました。お友達もつくれました。

次の日、サンチアゴ巡礼道について学びました。
イギリス人、ブラジル人生徒も一緒でした。
クラスの雰囲気がとても自由、おしゃべりも交えた授業で日本との違いを感じました。

(Akikoさんからのレポート)

8月25日(月)

今日から学校が始まります。

昨日のうちに、場所は確認しましたが、念のため?ホストマザーのマリアが学校まで一緒に行ってくれました。
お母さんと一緒に初登校。小学1年生みたいですね。

学校は、旧市街と新市街の境界あたりで、橋を渡ったところにあります。

とても可愛らしい外観で、中は新しく改装されていて、白い壁に自然光が入って明るくきれいです。

まずは、今日から来た生徒が全員集まって(日本人18人)、ひとりずつ簡単に自己紹介。
先生たち(4、5人)も自己紹介しました。

それから筆記試験です。文法、作文、長文読解といった感じでした。

試験の後は、先生とみんなで学校の周りを歩いて見てまわりました。
クエンカの繁華街?(お店やバルが最も集まっている通り)や、バス停、教会、図書館など。

昼ごはんは、家に帰って家族で食べます。

午後の体験プログラム、今日は初日なので全員でクエンカの名所巡りです。
旧市街は見所がたくさんあります。17時過ぎだというのに、
太陽は高く陽がさんさんと照りつけているので、日陰を探しながらたくさん歩きました。
サングラスと帽子が役に立っています。19時半頃に解散。

明日から、クラス分けして授業が始まります。
(1日目のクラス)

生徒は10人くらいで、日本人と、日本以外の人(UK、オーストラリア、アフリカなど)が、半々くらいでした。

初めに先生が、日本人の方がテストは良くできていたけど、作文は他の国の生徒の方が
できていたみたいなことを言っていました。

日本人も話す人はよく話しますが、それ以上に海外の人はよく話します。

先生は普通の速度で、普通に話します。プリントの文を読んで、
これは何について書かれているか話し合ったり、単語の意味を説明してもらったりしました。
私には難しかったので、翌日から1つ下のクラスに変えてもらいました。

(2日目以降のクラス)

生徒は全員日本人で、8人です。先生は少しゆっくりめに話してくれて、
1つ上のクラスより、かなり聞きとりやすくなりました。
その日の午後の体験プログラムに合わせたテーマの単語や、日常生活で使う単語やフレーズを習います。
授業は比較的ゆっくり進む感じでした。

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

関連リンク

フラグ

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es