セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

アンデス文化講座4/23よりスタート

「アンデス文化講座」へのお誘い
アンデスの文化を、西洋文明的な観点からだけでなく、6千年以上の長きにわたり受け継がれてきた先住民の視点から学ぶ講座です。
アンデスの魅力は、マチュピチュやナスカ、ウユニ塩湖だけではありません!
遺跡や建築物、織物や陶器などに込められたメッセージを、アンデスの思想と科学をもとに、一緒に読み解いてみませんか?
毎回の講義テーマは、受講生の要望を取り入れながら決めていきますので、「これが知りたい!」というご意見を、どんどんお寄せください。

<次期コースの予定>
2015年4月23日より、第3回アンデス文化講座が開講予定です。ぜひご参加ください!
(隔週木曜19:00~21:00、全6回、最終日7月2日)

<これまで開催された講座>
第1回:2014年10月~12月(全4回)
アンデスの諸文明には、「文字がない」と言われていますが、本当でしょうか?
第1回講座では、インカの言語「ケチュア語」を手がかりに、アンデス世界に普遍的にみられる図像が様々な情報を伝達する「文字」であること、また、それらがメソアメリカのマヤ、アステカ文明や、北米先住民の文化とも共通することを学びました。
また、講座の後半は、アンデスの「文字」を使って、ちょっと懐かしい「消しゴム版画」で2015年の年賀状を作りました!

1 copyキャプション左より 1. 伝統の織物と衣装、2. 女性と月、フクロウ(Por: Profesora T. Sekiyama)、
3.「日の出の太陽」をあしらったフクロウ4. アンデス文字で年賀状をつくりました。

第2回:2015年1月~3月(全4回)
受講生の皆さんのリクエストにお応えして、世界遺産であるアンデスの聖地、マチュピチュの謎に迫りました。居住区と農耕地の2つの区域に分けられたマチュピチュは、天文学の知識に基づいて綿密に計算され、建設された都市です。各建造物は、アンデスの夜空に輝く星々や、星座にまつわる神話と密接に関係しています。最新の研究により明らかにされた、驚きの事実とは?!
また、アメリカ大陸最古の都市文明カラルから、パラカス、ナスカ、ティワナクなどの諸文明を経て現在に至るアンデスの美しくユニークな織物や、インカ創生神話との関連を学びました。

22 copy

 

 

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

関連リンク

フラグ

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es